スタッフブログ

Staff blog

優しいお心遣い😋

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

 

 

はる歯科診療室です😄

 

患者様からから山梨県のお土産を頂きました☺️

 

 

スタッフみんなで美味しく頂きます❤️

歯と歯の間のお掃除方法

みなさんこんにちは😲
はる歯科診療室の近藤です!

 

冬に入って一日中寒くなりましたね😩
私は炬燵に入ってみかんを食べるのが大好きなんです☺️

 

ところで、みなさんは歯ブラシでの歯磨きを毎日行なっていると思います。

それだけで歯と歯の間のお掃除は出来ていますか?

 

実は歯ブラシだけでは、歯と歯の間のお掃除は出来ないんです。

歯と歯の間のお掃除は
やはり、フロスや歯間ブラシを使わなければお掃除は出来ません。

歯と歯の間は虫歯になりやすい部位の1つです。

なので、ぜひフロスや歯間ブラシを使って頂きたいと思います!

その大切な清掃補助道具のデンタルフロス、歯間ブラシの使い方を今回はお伝えしますね!

 

まずはデンタルフロスです!
デンタルフロスは、歯と歯の間の虫歯予防に適しています!

 

使い方はこちらです!

糸を約30㎝に切ります。
だいたい指先から肘までの長さです!

両手の中指に巻き付けてもらい両手の間隔を10㎝〜15㎝ほどにします。

歯と歯の間にデンタルフロスを合わせノコギリを引くように挿入します。

ここで注意して欲しいことは、勢いよくデンタルフロスを、 歯と歯の間に入れないようにすることです。

激しくすると歯肉を傷つける原因になります!

挿入後は歯の側面にデンタルフロスを擦り付けるよう上下に数回動かし清掃します。

隣の歯も同様に清掃します。
清掃後はデンタルフロスを挿入する時と逆になるように抜いていきます。

抜けない場合は、片方のデンタルフロスをはなし、前から引き抜いてください。

1つの歯を清掃した後は、次の歯を清掃する前にデンタルフロスを少しずらして新しい部分で清掃するようにしましょう!

 

次に歯間ブラシです!

歯間ブラシは、歯と歯の間に隙間がある方に適しています。
隙間のない方は無理に使うと歯肉の退縮を起こしてしまいます。

大切なのはサイズ選びです!
種類は4S〜Lサイズ(6種類)あります!

 

間違ったサイズの選び方は歯肉を傷つける原因になるので、サイズがわからない方は、ぜひスタッフにお声掛け下さい。

 

挿入時は、歯肉を傷つけないように注意しましょう。
挿入角度は、
上の歯は上から下へ
下の歯は下から上へ
斜めに歯間ブラシを挿入し、前後に数回動かしブラシが歯に当たっていることを確認しながら清掃します!

鏡を見ながらするとしやすいと思います!

奥歯は大きく口を開けるとやりづらい時があるので
口を大きく開けずに軽く閉じるようにするとやりやすいと思います!

 

清潔に保つために交換期間は、1〜2週間です!
使用後は雑菌の繁殖を抑えるために、流水しっかり洗い流し水をきった後風通しの良いところに保管しましょう!

 

デンタルフロスや歯間ブラシを使うとスッキリするので、ぜひ試してみて下さいね!

 

 

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31

心温まる差し入れを頂きました☺️

患者様から心温まる差し入れを頂きました😋

美味しく頂きます🎵

ありがとうございます💓

 

 

 

 

歯に良い食べ物・悪い食べ物

皆さんこんにちは(´∀`*)

はる歯科診療室の歯科衛生士の木場です

 

 

朝晩は、すっかり冷えますね。

 

皆さん風邪をひかないようにうがい手洗い忘れないように予防してくださいね( ´∀`)

 

さて、今日は皆さんに歯に良い食べ物・悪い食べ物についてお話ししたいと思います。

 

 

●歯に良い食べ物

 

 

①オレンジやミカンなどの柑橘類

 

まずおすすめしたいのは、ビタミンCが豊富なオレンジやミカンなどの柑橘類です。

 

ビタミンCは、風邪予防にいいのですが、実は歯にもとってもいいんです。

 

ビタミンCが足りていない場合、歯茎の出血が起こる場合があります。

 

歯茎を健康的な状態でキープするためには、ビタミンCを適度に摂取することが大切です。

 

ただしビタミンCを摂取するときは、食べ過ぎないように注意してください。
シトラス系の食べ物は歯のエナメル質をやわらかくしてしまいます。
目安としては1日に1個程度が良いかと思います(*゚▽゚*)

 

②ミルクやチーズなどの乳製品

 

 

カルシウムは、歯を強くしながら口の中の病気を予防してくれます。

 

 

 

③魚類やきのこ類

 

 

魚類やきのこ類に多く含まれるビタミンDは、カルシウムなど歯に必要なものを消化しやすくしてくれます。

 

ビタミンDにより、カルシウムが体に吸収しやすくなるのでおすすめです。

 

 

④チェリー

 

フッ素が多く含まれているチェリー(さくらんぼ)もおすすめです。

 

フッ素は、歯の一番外側のエナメル質表層を強く、固くしてくれます。

 

 

エナメル質表層が良くなればなるほど、プラークが付着しにくくなり、虫歯になりにくくなります。

 

 

 

⑤サラダ・セロリ・カリフラワー

 

これらは、[清掃性食品]とも呼ばれる食べ物です。

 

清掃性食品とは、その食べ物を噛む時に、歯の表面をきれいに掃除してくれる食べ物をいいます。

食物繊維を多く含む食品です。

 

また、噛めば噛むほど唾液が出やすくなり、歯を守る状況をつくってくれます。

 

 

 

●歯に悪い食べ物

 

炭酸系の飲料

 

 

これは、歯を溶かしてしまいます。

 

 

エナメル質表層がやわらかくなり、ばい菌が入りやすくなってしまいます。

 

 

飲み過ぎないようにご注意ください。

 

また、歯にまとわりつく食べ物も歯に悪い食べ物になります。

 

この食べ物を[停滞性食品]といいます。
汚れが取れにくく、唾液もあまり出ないので気をつけてください。

 

 

基本的に、暴飲暴食は要注意です。

 

食べ過ぎと飲み過ぎには、歯に負担をかけてしまいます。
これから忘年会シーズンに突入しますが、皆さん気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

このように歯に良い食べ物を摂ることを心がけながら、お家でのブラッシングも頑張ってくださいね(´∀`*)

デンタルフロスの併用もおすすめですよ⭐︎

 

 

 

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 はる歯科診療室

唾液の役割とは?( ? _ ? )

みなさん、こんにちは。
はる歯科診療室、衛生士の池田です。

 

もう11月、今年も残り2ヶ月……
はやいですね( ᵕᴗᵕ )
今年も悔いのないよう毎日過ごしたいものです💪✨

 

ところでみなさん、唾液(だえき)が、どんな役割を果たしているか知っていますか?
実は唾液にはたくさんの素晴らしい役割があるのです✨

 

 

◎唾液とは…◎

成人の場合、1日あたり1~1.5リットルほど、分泌されます。ただし、加齢によって唾液の分泌量は変わりやすく、30代から減少し始めると言われています。⤵︎
また、唾液の分泌量は、時間により変化します。食事中は増えますが、睡眠中は減少する傾向にあります。

 

 

 

◎唾液の役割◎

 

☆消化作用

唾液の中には、βアミラーゼという酵素成分が入っており、これはでんぷんを分解する作用がある消化液です。
この作用は消化時の胃腸の負担を軽減し、消化を助ける役割があります!

 

 

☆口の粘膜の保護作用

お口の中には、硬い歯とやわらかい粘膜があります。
唾液の中の「ムチン」という成分が潤滑剤としてクッションの役割をしているので、話したり噛んだりしたときや、固い尖ったものを食べた時に粘膜に傷がつかないよう保護されているのです🍘

 

☆自浄作用

歯の表面などについた食べカスを洗い流す作用があります。
しかし、粘着性のある食べものは、唾液では取り除くことはできません…。

 

 

☆抗菌作用

唾液にはリゾチームやラクトフェリン、ペルオキシダーゼなど抗菌作用を持つ成分が含まれています。
これらが、外から侵入してくる細菌などを防ぎ、体を守る役割をしています✨

 

 

 

☆中和作用・緩衝作用

通常、お口の中はph6.8~7.0で中性を保っています。糖分を摂取するとPHは酸性に傾きます。pH5.5以下になると歯の表面のエナメル質は、酸によって溶けていきます。
唾液には、重炭酸塩やリン酸塩が含まれており、酸性に傾いたお口の中のpHを中性に戻す作用があります。こうした作用を緩衝作用といいます。緩衝作用が強ければ強いほどむし歯に強い環境を作り出してくれます💪

 

 

☆再石灰化作用

唾液の中には、カルシウムやリン酸といった無機物成分が含まれています。これらの成分が、むし歯の前段階である、歯の表面のエナメル質が溶けかけている状態のときに、元の状態に戻そうとしてくれる作用を発現します。これを再石灰化作用といいます( ´﹀` )

 

 

☆味覚を感じる

唾液がなければ、味を感じることはできません。 味覚には、味わいを楽しむ役割だけでなく、「食べ物が安全なのか?」を判断する大切な役割もあります🍕

 

 

唾液にはたくさんの役割があることがお分かりになったと思います☺︎︎

 

最初に書いたように、加齢とともに唾液の分泌量は減少していきます。唾液を出すためには、食事の際、しっかり噛むことや、唾液腺マッサージなどが効果的です。

 

 

唾液がたくさん分泌される若い方でも、唾液の役割にのみでは虫歯、歯周病は防ぐことはできません。
また唾液の減少する就寝中は特に細菌が繁殖しやすくなります。
正しい歯磨き、食生活、健診で虫歯や歯周病にならないよう、しっかりケアしていく必要があります( ´ ▽ ` )ノ

 

歯磨きの仕方に不安がある方、健診を受けてみようかと考えている方、いつでもご相談ください!!

 

 

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

1 / 512345