スタッフブログ

Staff blog

診療台のお話

皆さんこんにちは( ´ ▽ ` )ノ!
はる歯科診療室、衛生士の森です。
夜もだんだん涼しくなってきてますが、
いかがお過ごしでしょうか?
秋が近づいてきていますね!

 

さて今日は、診療台についてお話します。

歯の治療をするために座る診療台は、治療をする上で必ず必要なものです。

電気と空気の力で上下に動いたり、リクライニングもできます。

 

治療する部位や患者さんの体の状態に配慮しながらポジションを決めています。

 

診療台には、虫歯の治療で歯を削る機械やお口の中を洗浄するための機械、うがいができる受け皿もあり、昔と比べると最近の診療台は、自動でお水も出るのでとても便利です!

 

 

いろんな機械が備えられていますが、どうやって虫歯の治療をしたり、歯のクリーニングをしているかご存知ですか?

 

 

 

・ブラケットテーブル

 

上部にはミラーやピンセットなどの器具や薬品などを置く場所があります。
その下に歯を削ったり、クリーニングするための機械があります。
これらはホースで本体と繋がっています。
また診療台を動かすスイッチや機械の速度を設定するボタンもついています。

 

 

・フットペダル

 

虫歯の治療やクリーニングで削ったり洗浄するときは、足元に「フットペダル」を使います。
足で踏むことで機械が動くので手でスイッチを入れる必要がないため、衛生面でも良いです!
踏み込みの加減によっては、スピードも変わるので調節も可能です。

 

 

・バキューム

 

お水がお口からこぼれたり、
飲み込んでしまわないように吸引する「バキューム」がついています。
バキュームは、お水を吸引するだけではなく、切削粉塵や唾液も吸引するためでもあります。

 

また、治療中に頬や舌を保護するためにも使われています。

 

 

 

・ライト

 

治療する際に、お口の中がしっかり見えるようにライトもついています。

奥歯は、ライトがないと見えにくいので必需品です!
歯の部位によっていろんな角度から変えれるようにでき、視野を明るくします。

 

 

 

さて、ここで質問です!

 

皆さんは、なぜ機械を使うときに、お水が出てくると思いますか?

 

 

 

その理由は…

 

 

1つ目は、削るときに生じる摩擦熱を冷却するため

 

2つ目は、削った虫歯を洗い流す

 

3つ目は、器具の目詰まりを防ぐため

 

こういったことを予防するためにお水を出しながら行なっています。

 

 

 

診療台のしくみについて分かっていただけましたか?

 

治療するためには、たくさんの機械や器具を使って歯科治療は行われます。
もちろんしっかり消毒、滅菌を行なっています!!

 

治療するにあたって、患者さんには安心して治療してもらえるように、虫歯治療が怖い!という患者さんに私たち衛生士もしっかりサポートしていきます顔文字!

 

 

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 はる歯科診療室

aroma

こんにちは。
受付の西岡です。

 

残暑が厳しいですが、もう夏は終わりですね。

 

日増しに日が短くなったような気がしませんか?

今年も残り4カ月!早いですね。

 

今回はアロマについてお話したいと思います。

診療室にもアロマ置いてあります。

 

 

 

診療室では歯科治療に対する憂鬱な気持ちが晴れるようにさわやかな香りを選んでいます。

 

ですが毎日一緒なのも飽きてしまいますよね。。。

 

違うものに挑戦したいと思うのですが、売り場に行ってびっくり!!

 

エッセンシャルオイルって、たくさんあるんですよね!(◎_◎;)

 

 

やはり自分自身で嗅いでみて落ち着く香りを選ぶのが大切みたいです。

 

 

単品で使うのもいいけれど色々ブレンドを試してみて自分の好みの香りを見つけるのも楽しいかもしれません♪

 

オススメのブレンドを店員さんが教えてくれました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

⚫ラベンダー+スウィートオレンジ

ラベンダーは気分を穏やかな状態にしてくれるといわれています。
スウィートオレンジは柑橘系の甘くフレッシュな香りが特長でラベンダー同様気分を穏やかにしてくれる効果があるそうです。

 

 

 

 

⚫ベルガモット+レモングラス

ベルガモットはフローラルに近い香りで気分を明るく穏やかにしてくれるそうです。
レモングラスはさわやかでキリリとした香りで気分をリフレッシュしてくれるんだそうです。

 

 

 

おすすめブレンドアロマの香りがあればぜひ教えてください。

 

 

今はペットブームで、ペットアロマとゆうのもあるんだとか…

 

 

我が家もトイプードルがいるんですが、機会があればやってみたいな♪と思ってます☺

 

動物も人間同様香りに癒されるんですね✨

 

 

 

良いと思ったことは即実践をモットーに、はる歯科はこれからも進化をしていきます!

 

みなさんにも良い情報を提供できるようこれからも頑張っていきますので、よろしくお願いします(*’ω’*)

 

 

087-833-6480
高松市西町13-31
はる歯科診療室

 

乳歯の虫歯について

 

みなさん、こんにちは🎶
はる歯科診療室、歯科衛生士の坂口です。

 

はる歯科では、毎日たくさんのお子さまにご来院いただいています!
中にはまだ1歳でクリーニングに来てくれるお子さまもいらっしゃいます(*´∇`*)

 

 

「乳歯でも虫歯になるんですか?」

 

「乳歯が虫歯だと永久歯も虫歯になるんですか?」
など、様々な質問を保護者の方からいただくことがあります。

 

 

そこで今日は乳歯の虫歯についてお話しします。
乳歯の虫歯について知っておいていただきたいことを、いくつかご紹介します!!

 

 

 

 

 

①歯と歯の間にできやすい

 

歯と歯の間の虫歯は見た目ではわかりづらく、進行しても気づかず、突然穴が開いてしまいます。

歯と歯の間のプラークはデンタルフロスを使わないと取れません。
お家ではなかなか難しいので、歯科医院でレントゲンを撮って初めて気づくことも多いです。

 

 

 

 

 

②痛みが出にくく、進行に気付きにくい

 

小さなお子さまはまだ痛みの感覚が発達していないため、気づきにくいことがあります。虫歯の痛みよりも、虫歯で穴が開き、そこに食べカスが詰まって歯ぐきが腫れることで、痛みが出る場合もあります。

 

 

 

 

③食事の変化で進行が早くなる

 

成長するにつれて母乳、離乳食、おやつなど食感・味覚が発達し、味を覚えて行きます。甘いものを食べるようになると、歯を溶かすスピードも速くなり虫歯の進行が早くなります。

 

 

 

 

④乳歯はエナメル質が薄い

 

歯の表面のエナメル質は体の中で一番硬い組織です。乳歯のエナメル質は永久歯の半分しかないので虫歯の進行が早いのです。

 

 

 

 

 

⑤神経まですぐに進行する

 

乳歯は神経が大きく、エナメル質とその奥の象牙質という組織の厚みが薄く、虫歯になるとすぐに神経まで進行してしまいます。

 

 

 

 

このように乳歯の虫歯は永久歯の虫歯との違いがたくさんあります!

 

 

虫歯は早期発見、早期治療が望ましいです。

 

乳歯の虫歯を放っておくと進行して歯の根っこに膿が溜まります。
永久歯は、乳歯の真下、つまり、膿が溜まったところから生えてくるので、永久歯が虫歯菌に感染してしまう恐れがあります。
そうすると永久歯のエナメル質が形成不全となり、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

乳歯の虫歯はいずれ永久歯が生えてくるからほっといても大丈夫!という方もおられますが、とんでもない話なんですよ。

 

 

 

なにより一番大切なのは、虫歯にならないことです(>_<)!

虫歯予防のために定期的なクリーニングとフッ素塗布を歯科医院で行いましょう。

 

お家では保護者の方がお子さまの食べ方や仕上げ磨きの時に小さな変化を見逃さずに、観察してあげてみてください☆彡

 

 

 

 

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

 

はるニュース vol. 82

 

みなさん、こんにちは!

はる歯科診療室の受付の西岡です。

 

 

 

今月のはるニュースをお届けします

 

 

 

 

 

\元気がでるレシピ一アスパラガスのさわやかソースがけ一/

 

 

アスパラガスやレモンに含まれるルチンはビタミンCと一緒にとることで血管を丈夫にして血行をよくする効果があります!

またレモンのさわやかな香りは心のデトックスにもなりますよ♪

 

 

 

☆材料(2人分)☆

グリーンアスパラ 2

レモン 1/2

塩、こしょう 適量

無塩バター  20g

 

 

☆作り方☆

1、アスパラガスは根元の固い部分は皮をむき、沸とうしたお湯に塩を入れてゆでる。食べやすい大きさに切ります。

2、レモンはよく洗い、果汁をしぼります。レモンの皮はすりおろします。

3、鍋で無塩バターを溶かします。粗熱がとれたら、卵黄、こしょう、レモン果汁を加え最後にレモンの皮を混ぜ合わせます。

4、お皿にアスパラガスを盛りつけ、ソースをかけたら完成です!

 

 

是非お試しください♪

 

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

歯のメインテナンス

みなさんこんにちは!

はる歯科診療室の近藤です。

8月もそろそろ終わりに近づいていますが
まだまだ暑い日は続きそうですね😥

暑いからこそ身体のメインテナンスも大事ですよね。
身体と同じくらい歯のメインテナンスも大事ですが、みなさんは行っていますか?

 

突然ですが、虫歯ってどうしてできるかご存知ですか?

 

原因菌である細菌(ミュータンス菌)は、

まず歯に付着して歯垢(プラーク)を作り、食べ物に含まれる糖質を使って酸を作ります。この酸が、エナメル質の内部から歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし始めます。
(これを「脱灰(だっかい)」といいます)

歯に歯垢(プラーク)が残ったままでいると、酸がさらに作られて脱灰が進行し、
エナメル質の内部はスカスカの状態になり、やがて穴があいてしまいます。

 

脱灰が進行しても口の中の唾液が、細菌の作り出した酸を中和して洗い流したり、
溶け出したカルシウムやリンを歯の表面に戻す働きをしてくれます。

これを「再石灰化」といいます。
せっかくの再石灰化も歯に歯垢がついていては機能することができません!

 

なので、歯磨きやメインテナンスなどのお掃除は非常に重要なことなのです!

 

はる歯科診療室では、1ヶ月又は2ヶ月に1回
定期的なメインテナンスを行なっています!
どんなことをするのか気になる人のために
紹介しますね!

 

まずはじめに、口腔内診査です。
虫歯がないか、お口の中に異常がないか観察します。
そこで虫歯が発見されれば、治療に戻り
虫歯がなければお掃除の開始です!

 

お掃除の流れですが、
まずはじめに歯垢や歯石を取るお掃除です。
主にエアースケーラーとエアーブラシと言う機械を使います。
エアースケーラーは歯石、汚れを除去し、
エアーブラシは歯垢を除去します。
人それぞれ汚れや歯石のつき方は違うので
その人にあった機械を使います!

 

次にPMTC(専門的機械歯面清掃)です。
PMTCとは歯ブラシでは落としきれないバイオフィルム(汚れの膜のようなもの)やステインを除去する機械です。
虫歯や歯周病の予防だけではなく、歯がツルツルになるんです!

一石二鳥で良いですよね!

左から、エアースケーラー→エアーブラシ→PMTCです。

 

次に、歯間ブラシやスーパーフロス、フロスを使って歯と歯の間のお掃除です。
歯ブラシでは磨きずらい歯と歯の間は、虫歯になりやすく歯垢も知らない間に溜まってしまうのです。

 

スーパーフロスは主に、ブリッジの底の部分のお掃除に使用しています。
歯間ブラシには4S~LLまでサイズがあり、その人にあった歯間ブラシを使ってお掃除をしています。
お家で使いたいけど歯間ブラシのサイズがわからない人、
フロスの通し方がわからない人はぜひスタッフに声をかけて下さいね。

 

最後にフッ素塗布です。
お家で使ってる歯磨き粉にフッ素は入ってますか?
フッ素は虫歯予防だけではなく、なんと再石灰化の手助けもしてくれるものなんです!

 

はる歯科診療室にあるフッ素は、味がたくさんあるのでお子様も楽しんでフッ素塗布できると思います!
フッ素を塗った後は30分間、効果を持続するために飲食に控えて下さいね!

 

これで定期的なメインテナンスの流れはおしまいです。

 

身体のことも大事ですが、歯のことも大事ですので
ぜひメインテナンスに来て下さいね!

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 はる歯科診療室

1 / 212