スタッフブログ

Staff blog

歯周病について

みなさんこんにちは。衛生士の坂口です!
今日は日本人の8割が発症していると言われている歯周病について詳しくお話しします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【歯周病とは】

 

細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

 

 

 

お口の中、特に歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かずにいると、そこに多くの細菌が溜まり、歯肉が炎症して赤くなったり、腫れたりします。

 

 

 

 

この程度の症状では痛みはありません。
気付かないうちに進行していき、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目の溝がどんどん深くなります。

 

 

 

 

さらに、歯を支える顎の骨(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになります。
そして、最後は抜歯をしないといけなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃になってやっと痛みがでます。
つまり、痛みという自覚症状が出た頃には抜歯を免れないという恐ろしい病気なのです!!

 

 

 

【歯周病の原因】

 

 

お口の中には約300~500種類の細菌が住んでいます。

 

 

 

その細菌が歯垢(プラーク)を作り出します。歯垢は粘着性が強いため、うがい程度では落ちません。

 

 

 

この歯垢1mgの中には10億個の細菌がいると言われ、虫歯や歯周病を引き起こす原因です。

 

 

 

 

その中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

 

 

 

歯周病とは、この歯垢中の細菌によって歯肉に炎症を起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことです。

 

 

 

結果的に歯を失う原因となります。
歯自体の病気ではなく、歯肉や歯を支えている骨の病気なのです!!!

 

 

 

 

歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石に変化し歯の表面に強固に付着します。

 

 

 

歯石はブラッシングでは取り除くことができません。
必ず歯科医院での専門的ケアの歯石除去でないと取り除けません(>_<)

 

 

 

 

 

この歯石ははじめは歯肉の上に付着しているのですが、歯周ポケットの進行とともに歯肉の下にも付着していきます。
歯石自体には病原性はないとされますが、新たなプラークが付着しやすくなります。

 

 

 

 

 

また、歯肉の下についた歯石の周りには病原性の強い歯周病菌が付着しているのです!

 

 

 

この強い歯周病菌から体を守るために、防御反応がおこり骨の破壊が進行していくのです!!

 

 

 

【歯周病を進行させる要因】

 

 

 

1. 歯ぎしり、くいしばり
2. 不適合なかぶせや義歯
3. 不規則な食習慣
4. 喫煙
5. ストレス
6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
7.薬の長期服用

 

 

 

 

【歯周病チェック】

 

 

 

* 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
* ブラッシング時に出血する。
* 口臭が気になる。
* 歯肉がむずがゆい、痛い。
* 歯肉が赤く腫れている。
* かたい物が噛みにくい。
* 歯が長くなったような気がする。

 

 

 

 

 

上記の項目にいくつか当てはまる方は
早めに歯科医院の受診をおすすめします。
歯周病も早期発見・早期治療が望ましく、早期なら現在では予防・治療も可能です!

 

 

 

 

はる歯科では、歯周ポケットの検査やレントゲン写真などから歯周病の程度を把握し、歯周病の予防・治療を進めて行きます。

 

 

 

 

 

 

歯周病の治療や虫歯の治療が終了すると、定期的なメインテナンスをおすすめしています(⌒▽⌒)!

 

 

 

 

 

「歯周病かな…?」と少しでも自覚症状のある方は早めに歯科医院を受診して

 

 

 

 

1本でも多く歯を守るために予防・治療を進めていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は
‭087-833-6480‬
高松市西町13-31  はる歯科診療室

心温まる差し入れを頂きました😋

当院の技工士さんからケーキの差し入れを頂きました。

 

 

スタッフみんなで美味しく頂きました☺

親知らず

みなさんこんにちは😃

 

はる歯科診療室の近藤です!

 

 

 

 

真冬の寒さが続いていますが、風邪など引いてませんか?

 

 

 

今の時期はインフルエンザが流行っているので

 

外出後は手洗い、うがいをして予防していきましょう(^^)

 

 

 

 

 

ところでみなさん、親知らずを抜いたことありますか?

 

 

実は、私最近親知らずが痛むんですよね。

 

 

親知らずは抜いた方がいいとよく言われてますが

 

その理由はご存知ですか?

 

 

 

 

 

親知らずの正式名称は第三大臼歯と言います。

 

 

奥歯の1番後ろに最後に生えてきます!

 

生えてくる時期は10代後半から20代前半で個人差があります。

 

 

また、親知らず自体が元々なかったりすることもあります!

 

 

 

 

 

親知らずは一人一人生え方が違っていて、

 

●まっすぐ生えてくるケース

 

●斜めに生えてくるケース

 

●真横に生えてくるケース

 

があります。

 

 

 

 

 

 

これらはレントゲン撮影で確認することができます。

 

 

 

 

 

 

 

斜めや真横に生えてくるケースは生えるスペースがないので多くのトラブルの原因に(>人<;)

 

 

歯ブラシがうまく出来ずに虫歯や歯周病になることがあります。

 

 

また、完璧に歯肉の中に埋まっているケースでも、前の歯と近接し歯周ポケットが出来てしまうこともあります。

 

 

最も残念なのは、親知らずだけが虫歯や歯周病になるだけでなく、隣の歯まで巻き込んで感染してしまうことです。

 

 

 

いずれにしても早めに受診されることをおすすめします!!

 

 

 

 

他の歯と同じようにまっすぐ生えて、しっかりと噛み合ってる場合は抜かなくてもいいこともあります!

 

 

抜かなくてもいいと言っても磨きにくい部分なので家庭でのケアが必要不可欠です!

 

 

 

 

 

ケアの仕方ですが、歯ブラシの選び方が重要です。

 

ヘッドが大きいものは奥まで届きにくいので、小さめのものを選んでください。

 

また、ネックが長いものもオススメです!

 

口を大きく開けずに、半開きの状態で磨いてみてくださいね!

 

頬の筋肉が緩んで歯ブラシが奥まで届きやすくなります。

 

また、歯と歯の間はしっかりフロスを通しておきましょう!

 

 

 

 

 

 

私のオススメの歯ブラシは、ワンタフトブラシという製品です。

 

 

 

 

 

 

筆のような形をしており、ネックが長くて細かい部分にも使える歯ブラシです!

 

 

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 

親知らずの抜歯後は腫れることもあるので敬遠されがちですが、気付かないうちに虫歯や歯周病になっている可能性があります。

 

 

 

 

 

 

まずは現状を把握することが大切です(o^^o)

 

 

お気軽に来院してくださいね!

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は087-833-6480

 

高松市西町13-31 はる歯科診療室

口内炎

みなさんこんにちは( ´ ▽ ` )ノ

はる歯科診療室の歯科衛生士の木場です。                                                                                                                                                                                                                                                                            最近、ますます冷え込んできてみなさん体調など崩されてないですか?                                                                                                          インフルエンザも流行っていますので体調管理などには気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

今日は、「口内炎」についてお話しします。

 

 

 

 

 

口の中は、食事をしたり、呼吸をしたり、しゃべったりするために常に外部と接しており、細菌・ウィルス・ほこりなどが付着・侵入する可能性の高い部分です。

 

 

 

 

鼻や、内臓に通じるのどともつながっているので、部位によりさまざまな粘膜で覆われて防御されていますが、侵入した細菌などによって炎症を起こすことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

「口内炎」とは、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。

 

 

 

 

「口内炎」の原因はさまざまですが、次の3つが代表的な原因だと考えられています。

 

 

 

 

●疲労や免疫力の低下が原因と考えられる[アフタ性口内炎]

 

 

 

一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。

 

 

 

原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。

 

 

 

 

●ウィルスや細菌の増殖が原因の[ウィルス性口内炎]

 

 

 

ウィルスが原因で起こる口内炎もあります。

 

 

 

単純ヘルペスウィルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇ヘルペス)」や、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖が原因の「カンジダ性口内炎」などがあります。

 

 

 

●物理的刺激によって起こる[カタル性口内炎]

 

 

 

 

「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側をかんでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。

 

 

 

 

口の粘膜が赤く腫れたり水泡がてぎたりします。

 

 

 

 

アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもあります。

 

 

 

 

また、味覚がわかりにくくなることもあります。

 

 

 

○口内炎の治し方

 

 

 

<うがい薬でうがいする>

 

 

 

 

痛みが強い口内炎は、早く治したいですよね。

 

 

 

口内炎を効果的に治すには、口内細菌の繁殖を抑えることが重要です。

 

20秒間のうがいを3セット繰り返すと口内の細菌を10分の1に減らせます。

 

 

 

<食後の丁寧な歯磨き>

 

 

 

口内の傷を増やさないため、また治ろうとしている傷を、悪化させないためにも、食後の歯磨きは優しく丁寧に行いましょう。

 

 

 

<睡眠をしっかりとる>

 

 

睡眠不足は免疫力低下につながります。

 

 

<水をこまめに飲む>

 

 

乾燥していると、細菌が繁殖しやすくなります。こまめに水分補給することで、身体の中から細菌が繁殖しにくい状態を作りましょう。

 

 

ただし、アルコールや辛いもの、熱いもの、冷たいものなどの刺激が強い飲み物は控えるようにしてください。

 

 

刺激物が原因で口内炎ができることもあるそうなのです。

 

それらが口内炎を悪化させたり、もしくは新しい口内炎を作ることになってしまっては、本末転倒です。

 

 

 

 

<ビタミンB2・B6の摂取>

 

 

細菌に対抗するための粘液をつくるために、皮膚や粘膜を守る「ビタミンB2」、皮膚や粘膜の健康を維持してくれる「ビタミンB6」の摂取を日頃から心がけましょう。

 

 

ちなみにビタミンB2はさけや豚肉に、ビタミンB6はお米に多く含まれています。

 

 

 

はる歯科では口内炎に塗る薬を処方しています。

 

ご希望の方はお気軽におっしゃってくださいね。

 

 

クリーニングをして、お口の中をきれいにしておくことは口内炎の予防になります。

 

歯周病や虫歯の予防にも重要です。

 

 

 

 

 

その際にはぜひはる歯科診療室にお越しくださいね!

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

インスタ映え

みなさんこんにちは

 

はる歯科診療室です。

 

今月のお花を白坂花店さんよりプロデュースしていただきました。✨

 

 

🎵お花の種類🎵

*グロリオーサ ラテン語で栄光

英語…クライミング・リリーと呼ばれています

(登るという意味)

ユリ科クロリオサ属

 

 

*リューココリネ  温かい心

ヒガンバナ科 リューココリネ属

 

 

待合室やパウダールームに飾っていますので、ぜひ観てください( ´ ▽ ` )ノ^ –

1 / 912345...最後 »

最新の記事一覧

2018年02月21日
歯周病について
2018年02月16日
心温まる差し入れを頂きました😋
2018年02月13日
親知らず
2018年02月05日
口内炎
2018年02月02日
インスタ映え

カテゴリ

月別アーカイブ