院長ブログ

Director's blog

歯周療法学_模擬問題

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、おはようございます😃  院長の野口です(^ω^)

 

 

 

 

 

 

この度、ホームページに試験問題という新しいコンテンツを作成しました。

 

模擬A,Bという2種類の問題があります。

 

https://www.haru-do.com/

 

 

 

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScQ5FQEU2VlfLxF2LdwuC8xs6XFPY-4HWy8Gx4lqs5_YbBzqw/viewform

 

 

ご存知の方もおられますが、私は今年で8年歯科衛生士学校の非常勤講師をしています。

 

 

毎年多くの歯科衛生士の卵が勉学に励んでいます。

 

 

 

その衛生士さんのお役に立てればと思いこのコンテンツを作成しました。

 

 

歯科関係者ではない一般の方も是非見て頂きたいと思っています。

 

 

歯科の専門的知識がないと分からないことばかりですが、こういうことが歯科治療としてあるということだけでも分かって頂けたら幸いです。

 

 

毎年3月に歯科衛生士の国家試験があります。

 

 

 

このコンテンツが歯科衛生士の卵の役に立ち、多くの桜が咲くことを祈っています。

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

歯科治療は二人三脚。 そしてたし算ではな…

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、こんにちは😃  院長の野口です ( ^ω^ )

 

 

 

 

 

山の木々が色鮮やかになってきましたね🍁

 

朝晩の冷え込みにこの美しさもあともう少しなんだなと実感させられます。

 

残り短い秋を楽しみたいと思います(^◇^)

 

 

 

 

 

私には大切にしているノートがあります📖

 

 

それは広島の勤務医時代に勉強会で使っていたノートです。

 

 

 

 

 

その勉強会は毎月第1、第3火曜日の2回あり、夜の8時〜10時まで開催されていました。

 

 

 

当時私が勤務していた歯科医院が主催をし、同市で開業されている先生を講師としてお招きして行っていました。

 

 

 

その講習会は毎年行われており、今も開催されているんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース(第1火曜日)とベーシックコース(第3火曜日)に分かれて毎回違うのテーマの講習をされていました。

 

 

 

私は勤務している間ずっと参加させて頂いていました✏️

 

 

時にはメーカーの方を招待され、新しい製品についての情報を教えてもらうこともありました。

 

 

 

 

 

年に一度は豚の顎骨を使ってのライブオペもありました。

 

 

 

 

 

先生の鮮やかな手さばきは本当にすごかったです!

 

その時に講師の先生の言葉で忘れられないことがあります。

 

 

 

それは『歯科治療は二人三脚。そしてたし算ではなくかけ算。1人が転けたらおわり。1つでも0になったら0になる!』

 

 

 

 

ちょっと意味が分かりませんよね。。。

 

 

 

 

 

 

歯科治療は患者さんと我々歯科医師と衛生士の共同作業なんです。

 

 

 

 

 

 

誰か1人だけが頑張っても上手くいかないし、1つでも上手くいってないと完成しません(><)

 

 

 

 

 

 

 

実は私には苦い経験があります。

 

 

あの頃の私は色んな症例をこなし、自信がつき始めていた頃でした。

 

 

 

 

そんな時にある患者さんに「先生に任せるよ。」と言われ有頂天に。

 

 

治療計画を自分なりに立てて行っていました。

 

 

 

 

すると次から次へと思わぬトラブルに!(◎_◎;)

 

 

突然歯肉が腫れたり、大丈夫だと思っていた被せが取れたり。

 

 

 

 

患者さんも任せると言っていたのに、プラークコントロールがイマイチ。

 

 

 

 

 

 

そんな時にその患者さんと衛生士さんが楽しそうに会話していました。

 

「そうだったんですね!ようやく分かりました!歯磨き頑張りますよ!!」

 

一体何の話をしていたのか気になり後から聞いてみました。

 

 

 

 

 

衛生士さんは「先生、実はあの患者さん治療についてよく分かっていなかったそうです。ご自身の現状も歯周病だということもよく分かってなかったみたいです。」

 

 

 

あの患者さんが私に任せるよとおっしゃってくれたのは、『信頼しているから任せる』ということではなく『よく分からないから任せる』ということだったんです(◞‸◟)

 

 

 

 

 

それから私は院長に相談し、もう一度治療計画を見直しました!

 

 

院長は「先生の治療計画ちょっと甘かったかな。 私達は一回の治療で20年持つ治療を目指さないとな! 信頼関係ができていると思っていても、患者さんって思っていることを意外とドクターには言わないんだよ。  だけど衛生士には言えるんだよ。  そんなこと思っていたんだって報告うけてびっくりすることがいっぱいあるよ」と。

 

 

 

 

 

 

 

その後その患者さんは無事に全ての治療を終え、今も定期健診に通っておられるそうです。

 

 

 

この時の苦い経験と講習会の金言をもとに、はる歯科ではまず衛生士がカウンセリングを行なうようにしています。

 

 

 

他にもたくさんの金言を頂いたのでまたブログで紹介したいと思います!

 

 

 

疑問やお悩み、治療の希望等がありましたらカウンセリングの際になんでもおっしゃってくださいね⭐︎

 

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

アンガーマネジメント

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、こんにちは! 院長の野口です( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

朝の冷え込みが本格的になってきましたね。

 

布団から脱出するのに時間がかかるようになってきました😭

 

寒さに負けぬよう元気に過ごしたいと思います!

 

 

 

 

 

突然ですがみなさんは「アンガーマネジメント」ってご存知ですか?

 

 

ズバリ、怒りの感情と上手く付き合うための方法です!

 

 

 

 

アメリカでは、大企業がこのアンガマネジメントを社員研修として取り入れていたり、スポーツ選手や政治家、子供たちまで幅広い人々が学んでいたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントへの注目は日本でも高まっていて、企業が社員のストレスマネジメントとして取り入れたり、子供たちが学べるアンガーマネジメントプログラムがあったりするんです。

 

 

 

 

私は先日友人に教えてもらいました。

 

 

友人は上司から教えてもらったんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

というのも友人は若い頃に、怒りに任せて他にスタッフがいるにも関わらずみんなの目の前で事務員を怒鳴りつけてしまったんだそうです。

 

 

 

 

 

 

その事務員さんは友人を裏に連れて行こうとしたのですが、友人は構わず大声で言いたい放題言ってしまったんだそうです。

 

 

とにかく「俺はちゃんと俺なりに考えてやってる」「いちいち文句を言うな!」と。。。

 

 

それから友人は他の事務員さんからも必要最低限の仕事しかしてもらえなくなったんだそうです。

 

 

 

 

 

他の人は事務員さんと楽しく仕事をしており、事務員さんもどんどん積極的にサポートしている様子。

 

 

 

『俺がこの前怒鳴ったから他の事務員さん達もびびってしまったんだろうか?だけど俺は間違ったことしてない!』

 

 

 

 

 

 

 

友人は上司に相談したんだそうです。

 

 

 

 

 

 

友人は上司から事務員さん達に注意してくれるだろうと期待していたんだそうです。

 

 

 

 

すると思いもよらぬ回答が返ってきたんだそうです。

 

 

 

『事務員さん達は君にびびってないよ。呆れているんだよ。 怒りのコントロールもろくに出来ないのかって。 あの時裏に君を連れて行こうとしたのは、君がギャーギャー騒ぐ姿を他の事務員さん達に見せない為だったのにそれにも気付いてなかったんだろ?  そもそも君の仕事がイマイチで理解されてないなから事務員からクレームが出たんだろ? 俺は!俺は!って仕事は1人で出来ないのに。  君と仕事をしていても楽しくないから必要最低限のことしかしてもらえないんだよ。  君は人のことを責める前に、まずアンガーマネジメントからはじめるべきだ!』

 

 

 

 

 

友人はなぜここまで言われなくてはいけないんだ!とまた怒りがこみ上げてきたんだそうです。

 

 

 

 

 

 

それと同時にやっぱり怒りのコントロールが出来ていないと気付いたんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントは色々あるのですが、一番簡単な方法があります。

それは、「6秒ルール」です

 

 

 

 

 

 

 

 

怒ったときに絶対にやってはいけないことそれは、イラッとした瞬間、反射的に言い返したり、行動したりすること。

 

 

 

 

諸説あるのですが、実は、怒りのピークは長くて6秒といわれています。

 

 

 

 

 

 

 

この6秒をやり過ごすだけで、ケンカにならずに済むんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

友人も試してみたんだそうです。

 

冷静になり、自分の至らなさや間違いに気付いて怒鳴ることは二度となくなったんだそうです。

 

 

それから友人は心を入れ替えたんだそうです。

 

 

事務員さん達からの信頼をまた得るには本当に苦労したんだとか。

 

 

 

 

 

 

一度失われたものを元に戻すには本当に大変です。

 

それは歯も同じです。

 

アンガーマネジメントで心を整え、プラークコントロールでお口の健康を守りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

サンスターグループによる「根面う蝕(根元…

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、こんばんは😃  院長の野口です( ^ω^ )

 

 

 

 

日に日に寒さが厳しくなってきましたね🍃

 

 

寒さが苦手な私にとってつらい季節が訪れてきました😣

 

 

今年の冬は厳冬でないことを祈るばかりです。

 

 

 

 

 

 

ところでみなさんは11月8日は何の日かご存知ですか?

 

正解は「いい歯の日」です!

 

 

 

 

 

 

 

 

日本歯科医師会は、「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保っていただきたい」という願いを込めて、厚生労働省とともに 1989年(平成元年)より「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020運動」を積極的に推進しています。

 

 

 

 

 

「いい歯の日」は、その 「8020運動」推進の一環であり、国民への歯科保健啓発の強化を目的としています。

 

 

 

 

 

 

高齢化社会を迎え、とても興味深い研究結果の記事を発見しました✏️

 

 

 

 

 

サンスターグループ オーラルケアカンパニーは10月31日、「根面う蝕(根元むし歯)」の現状に関する調査結果を発表しました。

 

 

この研究成果は、第147回日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会で発表されました。

 

 

 

 

 

近年、高齢者のう蝕は残存歯数の増加に伴って増加し、歯と歯の間にできるう蝕のほかに、歯の治療を行った詰め物の隙間からう蝕が広がる「2次う蝕(再発むし歯)」や、歯周病や加齢などによって歯肉が退縮し、 歯の根面が露出した部分に発生する「根面う蝕」が大きな課題となっています。

 

 

 

 

 

 

しかし、根面う蝕に関する研究報告は少なく、歯周病との関連性を調査した報告もほとんどありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

今回の研究は、根面う蝕有病率の現状に加え、根面う蝕重症度と歯周病重症度の関連性を調査することを目的に実施したという。

 

 

 

 

 

根面う蝕と歯周病の重症度、50歳代以外では相関見られず

 

調査は、2016年11月から2017年1月の2か月間に、サンスター財団附属千里歯科診療所に通院し、カルテデータの使用に同意を得ている20代~80代の男女298名を対象に行われた。サンスターは、調査対象者の匿名カルテ資料の提供を受け、根面う蝕有病率、根面う蝕重症度と歯周病重症度の関連性を調査したという。

 

 

 

 

 

 

その結果、根面う蝕有病率は、全体の49.3%であり、30歳代の7.7%から年齢が高くなるにつれ増加し、80歳代が70.0%で最も高い結果だった。

 

 

 

 

また、根面う蝕有病部位の約90%に歯周病、もしくは歯周病既往歴が確認されたことから、歯周病により歯肉退縮が起こり、根面う蝕になるリスクは高いと考えられるという。

 

 

 

 

その一方で、根面う蝕と歯周病の重症度については、50歳代以外では相関が見られなかったという。

 

 

 

これらのことから、根面う蝕や歯周病が発症する前に、根面う蝕予防と歯周病予防を併せて実施することが最も需要であると結論付けている。

 

 

 

いずれの予防も定期健診がとても大切です!

 

 

 

はる歯科では治療はもちろん予防にも力を入れています(^◇^)

お気軽にご相談なさってください⭐︎

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

無くて七癖あって四十八癖

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、おはようございます 😃  院長の野口です。

 

 

 

 

 

 

夜の冷え込みが厳しくなり、鍋やおでんが恋しい季節になりましたね🍲🍢

温かいものを食べて元気に冬を乗り切りましょうね!

 

 

 

 

 

先日ブログにも書いたように、結婚式の為に東京へ行ってきました🛫

 

そして久し振りに友人と再会しました。

 

 

 

 

 

お互い見た目は随分と変わってしまいましたが、中身は変わっておらずとても楽しい時を過ごしました 🐽

 

 

 

 

昔話に花を咲かしていると、学生時代に戻った気持ちになれました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

 

話に夢中になっていた時に、何気なく友人を見たら右手で耳を触りながら喋っていました。

 

 

友人は話しに夢中になると、無意識に手で耳を触る癖があったのですが未だにその癖が残っていたんです(´⊙ω⊙`)

 

 

 

 

 

 

私は思わず「その耳を触る癖直ってないなー。絶対話しに夢中になると触ってるよな。懐かしいわぁー。」と言ってしまいました。

 

 

 

 

他の友人達もその癖を覚えており、さらに学生時代にタイムスリップした気持ちになりました⏰

 

 

 

 

友人は「よく覚えてたな。無意識についつい触ってるんだよなー。びっくりしたんだけどさぁ、親父も同じ癖なんだよ。この前気付いたら息子も触ってるんだよねー。 親子三代同じ癖なんだよ。。。もう遺伝だな、これは笑笑」

 

 

 

 

 

 

思わぬカミングアウトに私を含め他の友人達も驚きを超え、絶句してしまいました!(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

『無くて七癖あって四十八癖』とは本当によく言ったものですね!!

 

こうなると私にも気付かないうちに何か癖がありそうですf^_^;

 

 

 

 

 

実は歯磨きにも知らず知らずに行ってしまう癖があるんです(´⊙ω⊙`)

 

 

プラークをしっかり落とすには、ハブラシは軽い力で細かくゆっくり動かすことが重要です。

 

 

歯肉の境目に磨き残しが多い方はハブラシをゴシゴシ力強く動かす方が多い傾向にあります。

 

 

 

歯肉のきわを磨こうにもハブラシの毛がすぐに歯肉を傷付けてしまい痛みが発生してしまいます。

 

その結果うまく磨く事が出来ません(´Д` )

 

 

 

 

また無意識に歯磨きをすると苦手な部分は後回しにして先に簡単なところから磨く傾向にあります。

 

個人差もあるのですが、だいたい利き手側の奥歯の内側が磨きにくい部位と言われています。

 

 

 

 

歯並びが乱れている部分も磨き残しが多くなりがちです。

 

磨き残しが減らす為には、苦手なところから磨き始めるようにすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

はる歯科では患者さんそれぞれの歯並び、癖にあったハブラシや磨き方を提案しております。

 

頑張って磨いているのに、虫歯や歯周病になってしまう💧という方はお気軽にご相談ください😁

 

 

 

 

 

ご予約のお電話は

087-833-6480

高松市西町13-31 はる歯科診療室

 

 

 

最新の記事一覧

2017年11月21日
歯周療法学_模擬問題
2017年11月18日
歯科治療は二人三脚。 そしてたし…
2017年11月17日
アンガーマネジメント
2017年11月15日
サンスターグループによる「根面う…
2017年11月13日
無くて七癖あって四十八癖

カテゴリ

月別アーカイブ