当院では、患者様が健康な歯を保ち、その後の人生を豊かに送っていだくことを目標にしております。歯や口のトラブルに対しては、患者様の負担を最小限にするための無痛治療を行い、治療後も地域のホームドクターとして、定期的なフォローアップを行っていきます。

カウンセリング

当医院でカウンセリングを行う理由

診察を受ける患者のイメージ写真

はる歯科では患者さんが相談をしやすいように、初診の問診から治療終了後のメインテナンスまで、治療の区切りごとに歯科衛生士によるカウンセリングを行っています。

患者様にとってベストな治療を提供するために、当院ではレントゲン検査や歯周病検査のほかに、初診時に歯型の模型を作成させていただきます。その後は、問診表に記入をしていただいた内容を元に、パソコンの3Dモデルと模型を使って、現在の状態から理想の状態まで、視覚的に分かりやすくお伝えします。また、患者様の要望もしっかり聞いて、治療内容にきちんと納得してもらったうえで、治療を開始させていただきます。

「えっ?歯医者さんでカウンセリング??」とびっくりされる方もいらっしゃると思います。診療台の上では緊張感や恐怖心などで上手く話せないことがあると思います。個室のカウンセリングルームで行いますので、周りに聞こえることはありません。リラックスしてお話しして頂けると思います。治療に対する希望や不安な点など遠慮なくおっしゃってください。

「痛くなった歯だけを治す」だけではお口の健康は手に入りません。

レントゲンを使って患者に歯の説明をしている歯医者のイメージ写真

カウンセリングでは検査の結果をもとに、現在のお口の状態と、そうなってしまった原因、今後の治療の選択肢について詳しくご説明します。「痛くなった歯だけを治す」という対応では、お口全体の健康は手に入りません。10年後や20年後の未来を見すえ、治療期間や治療費などを理解したうえで、納得のいく治療法を選択することが大切だと考えています。カウンセリングは、そのための大切な打ち合わせです。

お口のことだけではなく、現在のお身体の状態についてもお伺いしています。というのも、歯科の治療において全身疾患は治療方法に大きく影響するからです。時にはかかりつけのお医者さんと相談しながら治療を行う必要もあります。

下記の動画をご覧になり、該当される方は必ずお申し出ください。

以下の疾患やお薬を飲んでいる方は教えてください。

  • 高血圧症
    内科等で抗凝固薬であるアスピリン、ワーファリンを処方され服用されている方
    平常時の血圧も教えてください
  • 糖尿病
    標準時の血糖値 HbA1c値5.8%以上、空腹時126mg/dL以上の方
    内科での血液検査の結果表がありましたら、ご提示ください
  • 骨粗鬆症
    整形外科にて骨粗鬆薬ビスフォスフォネート製剤を処方されている方、プラリア皮下注射の治療をされている方
  • 心疾患
    ペースメーカーの手術をされた方、 抗凝固剤を処方されている方
    歯科の治療において使えない機械があります
  • 抗血栓療法中の方
    抗凝固剤を処方されている方
  • 肝機能低下
    肝炎に感染されている方
  • 腎機能低下、腎透析を受けられている方
  • アスピリン喘息
  • ステロイド服用中

スムーズに治療を行い患者さんの時間のロスをなくすために

特に骨粗鬆症の治療中の方は抜歯等の外科処置時に骨の治りが遅くなる可能性が高く、ひどい時は骨が壊死するという報告があります。またアスピリン喘息の方はボルタレン、ロキソニン等のNSAIDsと呼ばれる鎮痛剤により喘息発作が誘発され、極めて危険な状態に陥る可能性がありますので、必ず申し出てください。ワーファリンなどの血液サラサラのお薬を飲んでいる方も、外科治療に注意が必要なのでこちらも必ずお申し出ください。以上の疾患以外にも全身疾患や感染症をお持ちの方は、必ず申し出てください。

また、内服中のお薬がある方、お薬の変更があった方はお薬手帳の提出もお願いいたします。お薬手帳はコピーを取らせて頂きますので、ご了承ください。
お預かりした上については、歯科の治療以外には使用しませんので御安心ください。

ご協力よろしくお願いします。

無痛治療

※スマホの方はYouTubeアプリ上で体験診療動画をご覧ください。終了画面が正常に表示されない場合があります。

無痛治療のイメージ写真

歯の治療にともなう痛みが苦手という方は、子どもだけでなく大人にも多くみられます。当院では、できる限り痛みを最小限に抑えて、患者さんの不安やストレスを抑えた治療に努めさせていただきます。

表面麻酔

局所麻酔の注射をかけるときの、チクッとした刺すような痛みを和らげるための麻酔です(保険適用)。具体的には、次のような点に配慮したうえで行われます。

  1. 表面麻酔の塗布

    表面麻酔の塗布
    麻酔の注射をする前に、ゼリー状や液状の麻酔液を歯肉に塗ることで、注射針が刺さることによる痛みを少なくします。
  2. 自動麻酔注射器で麻酔の注入

    自動麻酔注射器

    一般的に手動による注射では、注射をする際に必要以上の圧力がかかったり、麻酔の注入スピードが速くなることで、不快感を感じることがあります。当院では、コンピューター制御の自動麻酔注射器を使って、一定の圧力と速さで麻酔液を注入します。
    ※クリニックによって、使用しているメーカーの機器は異なります。

  3. 徹底した温度管理

    当院では、麻酔液の温度管理もきちんと行っています。使用する麻酔液を人肌である37℃に温めることで、麻酔を注入するときの刺激を和らげます。
  4. 極細の注射針を使用

    極細の注射針
    一般に、注射針が太いほど、痛みの感覚は大きくなります。当院では少しでも患者様の痛みを最小限にするため、人間の髪の毛と同じくらいの太さの注射針を使用して、麻酔を注入します。
    ※クリニックによって、使用しているメーカーの機器は異なります。

そのほかにも当院が心がけていること

診療中は、次のことにも配慮しながら治療を行わせていただきます。

  • 患者様への声かけを行います。突然、口の中に強い風を当てたり、水を放出したりするということはしません。
  • 水分で歯がしみる場合には、その都度綿で拭き取らせていただきます。

なお、歯の治療中に痛みを感じた場合は、我慢せずに手を挙げて知らせてください。

楽しい医院づくり目指しています

当院では、患者様が虫歯治療を怖がらずに、以下のような楽しく来院できるような医院づくりに取り組んでいます。

  • ガチャガチャ
    お子様が楽しめるよう、入り口にガチャガチャを設置。
  • UVコートのガラス
    待合室は、紫外線をカットできるようUVコートのガラスを使用。
  • 受付
    リラックスできるよう、カフェのような落ち着いた内装。
  • 生け花
    ほっと安心していただくための生け花
  • 駐車場
    ストレスなく車を出し入れしていただくために、広い駐車場を完備
  • プレゼント
    キャンペーン時は粗品のプレゼント

など

最後に

歯を健康に保ちましょう

当院では、歯科治療の専門家でもあるスタッフが受けたい治療を、地域の皆様へも届けたいと考えております。そのためにも、スタッフ全員が、患者様が健康な歯でいられるようにベストを尽くさせていただきます。

なお、遠方からお越しの患者様には、来院までの時間を考慮して、1時間以上の集中治療を行うことも可能です。当院では、できる限り患者様のご要望にそうように治療を行いたいと思いますので、ご気軽にご相談ください。

問診票を送る!

お子様用大人用