審美歯科とは?

鏡の前で歯を見ている人

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。審美(見た目の美しさ)面に重点を置き、より美しく、キレイな口元に仕上がることを目標として行われる歯科治療のことです。

歯科治療には「虫歯や歯周病を治す」「よく噛めるようにする」といった機能的な側面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」といった美観の側面があります。

通常の虫歯治療の場合だと、保険の適用される材料と治療方法で機能的な回復を目指すので、仕上がりとしては金属が見えたり、長期的な時間の経過に伴い変色してしまったりと、見た目の美しさは考慮されません。

一方、審美歯科では、保険適用の素材や治療法以外にも自費治療を行うことができます。
しかも、歯科医師または歯科衛生士などの口元の専門家が行うので、安心・快適な施術です。

「歯科=歯が痛くなったら行く所」というイメージは、一昔前のものになってきているのかもしれません。審美歯科は現在、口元のケアやさらなるキレイを目指す人々の支持を集めていて、施術内容も豊富になってきています。

「審美歯科」の特徴、「一般歯科」との違い

悩んでいる(疑問に思っている)人

審美歯科と一般歯科には、大きく分けて3つの違いがあります。

  1. 費用
  2. 取り扱う材料や術式・施術内容
  3. 仕上がりの見た目
費用が異なる
歯科治療にかかわらず、病院にかかる時には保険証を持って行きますよね。
一般歯科での費用には保険が適応されるため、同じ内容を別のクリニックで受けた場合でも支払う金額は同じです。
一方、審美歯科の治療費用は保険適応外の自費での金額となり、相場というものはありますがクリニックによって設定金額が変わります
取り扱う材料や術式・施術内容が異なる
例えば、むし歯を削り、型取りをして詰め物を入れる場合、一般歯科では銀歯を装着します。一方審美歯科では、白いセラミックの詰め物などを装着します。より歯に近い見た目のものを装着することで、元々の歯と見間違えるほどの自然な仕上がりにすることが可能です
また、装着する際に使う接着材料も、審美歯科では一般歯科で使用できない高度な材料を使用できるため、より精度の高い仕上がりにすることができます
仕上がりの見た目が異なる
審美歯科では、使用できる材料や装着できる材質が一般歯科とは異なるので、術前の状態よりも美しい口元を目指した治療ができます。
美しさの追求という観点では、美容整形と類似的な捉え方をされることもありますが、あくまでも歯科治療の中での美しさの追求であり、しっかりとした噛み合わせで快適に食事を取るなどの機能的な部分を無視したものではありません。

代表的な審美歯科治療

歯がきれいになって自信がついた人

ホワイトニング治療

ホワイトニング治療前と後のイメージイラスト

歯にホワイトニング用のジェルを乗せるなどして、歯の漂白を行う治療です。コーヒーや紅茶などによる着色を、自分の歯を削ることなく安全に白くします。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあり、両方を併用することでホワイトニング後に起こる色戻り (一旦白くなった後に、元の色に戻ろうとする働き)を防ぎながら、白さをステップアップしていくことができます。

以前のオフィスホワイトニングでは、ジェルを塗ってレーザーを当ててというものが一般的でしたが、最新のホワイトニングは特殊なジェルのみで行うことができるので歯に痛みが出にくく、身体にも優しい治療法になっています。

ホワイトニングについて詳しく見る

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンの術前と術中、術後のイメージイラスト

歯の周囲をぐるりと削り、セラミックで作られたクラウン(被せ物)をセットする治療です。歯の色を明るくするだけでなく、歯並びや歯の形も整えることができます。

また、虫歯治療で歯を大きく削った場合にセラミックの被せ物を乗せるため、差し歯とも呼ばれます。保険治療で使われるレジン(プラスチック)や金属では見た目が不自然であったり、時間が経つにつれ変色や劣化が起きたりしてしまいますが、セラミックであれば天然の歯と見間違うほどの美しく自然な見た目の仕上がりになります。

また耐久性にも優れていて、しっかり噛むことができ、適切なケアをすれば長く使い続けられます。金属を一切使っていないため金属アレルギーの方でも安心して使用できます

セラミック矯正

セラミック治療前と後のイメージイラスト

セラミッククラウン治療を複数本にわたって行うもので、歯並びを理想通りに整えることができるため「矯正」というワードがつけられています。
芸能人やモデルなどが選択することが多く、比較的新しい治療名称です。
ワイヤー矯正などと比較した場合、驚くほどの短期間で歯並びを整えることができます

ラミネートベニア

ラミネートベニアのフロー

ホワイトニングの効果が出にくい神経を抜いた歯を白くしたり、歯並びのわずかなすき間を整えたりといった目的で行います。

大がかりな歯並びの調整は難しいですが、前歯の隙間や、テトラサイクリン歯(幼少の頃の抗生物質の接種等で歯に縞模様が出ている状態)でお悩みの方には効果的な治療方法です。

歯の表面だけを薄く削り、白く透明感のあるセラミックを張り付けるので、美しく自然な見た目に仕上がります。また、クラウンなどと比べると歯を削る量が少ないため麻酔が必要ありません
短期間で治療が終わるのもメリットのひとつです。

メタルボンド

メタルボンド

虫歯で歯を大きく削った場合に被せるクラウン(被せ物)のひとつで、金属のフレームにセラミックを焼き付けているのが一番の特徴です。
金属フレームであるため耐久性が高く、強い力が加わる奥歯に適しています

ただ内部が金属である分、見た目の透明感や色調はオールセラミッククラウンに劣り、歯ぐきが痩せることで金属部分が見えたり、金属イオンが溶け出して歯が黒ずんで見えたりすることがあります。

また、金属を使っているため金属アレルギーの方は使用できません

セラミックインレー治療

メタルインレーとセラミックインレー

インレーは詰め物という意味です。奥歯の虫歯治療などを行った跡に、セラミック製の白い詰め物を詰める治療です。

大きな口を開けた時に金属が見えるのを気にして、白い詰め物をご希望される方に適しています

また、金属アレルギーの方も安心して受けることが出来る治療です。

奥歯の治療は、特に噛み合わせを大きく左右するものなので、きちんと行うことで理想的な噛み合わせに仕上げることが大切です。

インプラント治療

インプラント治療のイメージイラスト

外科処置を伴う審美歯科治療で、歯が根元から失われてしまった場合に、人工の歯根(インプラント)を埋入しあごの骨と一体化させ、人工歯根の上部にセラミック製の歯を被せる治療です。

歯を根元から再生することで、見た目はもちろん噛んだ時の感覚を違和感なく取り戻すことができます。入れ歯のようにぐらつきがなく、ご自身の歯と同じ感覚で食事をすることが出来ます。

インプラント治療は、高度な外科治療を伴う治療法ですので、ベテランのドクターの元、きちんとした衛生環境の中で行われることが大変重要です。麻酔の設備も欠かせないため、麻酔医がサポートして施術を行います。

また治療前に、立体的にあごの形や神経の位置などを把握するために、CTによるスキャンも必須です。

クリーニング

クリーニング

歯科医院で行う歯のクリーニングは、歯科医師や衛生士によって行われる専門的なものを指します。
歯の表面にこびりついた汚れ、歯と歯、歯と歯ぐきのすき間の汚れを専用の器具などで取り除きます。

日々のブラッシングでは取り除けない汚れを放置しておくと虫歯や歯周病の原因になってしまうため、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることが推奨されています

各治療法まとめ

ホワイトニング治療
  • 歯の漂白を行う治療。
  • 歯を削ることなく安全に白くする。
  • 歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがある。
  • 両方を併用すれば、色戻りを防ぎつつ、白さをステップアップできる。
  • 歯に痛みが出にくく、身体に優しい。
オールセラミッククラウン
  • 歯の周囲を削り、セラミックの被せ物をセットする治療。
  • 歯の色を明るくでき、歯並びや歯の形も整えられる。
  • 美しく自然な見た目になる。
  • 耐久性に優れ、しっかり噛める。
  • 適切なケアをすれば長く使い続けられる。
  • 金属アレルギーの方でも安心。
セラミック矯正
  • セラミッククラウン治療を複数本にわたって行う。
  • 歯並びを理想通りに整えられる。
  • ワイヤー矯正などよりも短期間。
ラミネートベニア
  • 神経を抜いた歯を白くしたり、歯並びのわずかなすき間を整えたりする。
  • 大がかりな歯並び調整は難しい。
  • テトラサイクリン歯でお悩みの方にも効果的。
  • 歯の表面を薄く削り、白く透明感のあるセラミックを張り付ける。
  • 美しく自然な見た目になる。
  • 比較的歯を削る量が少ないため、麻酔が不要。
  • 治療が短期間。
メタルボンド
  • 虫歯で歯を大きく削った場合に被せる被せ物のひとつ。
  • 耐久性が高く、奥歯に適している。
  • 見た目の透明感や色調はオールセラミッククラウンに劣る。
  • 金属アレルギーの方は使用できない。
セラミックインレー治療
  • 虫歯治療などの跡に、セラミック製の白い詰め物を詰める治療。
  • 口を開けた時、金属が見えるのが気になる方に最適。
  • 金属アレルギーの方でも安心。
インプラント治療
  • 歯が根元から失われた場合に行う。
  • 人工の歯根(インプラント)を埋入しあごの骨と一体化させ、人工歯根の上部にセラミック製の歯を被せる。
  • 見た目も噛んだ時の感覚も違和感なく取り戻せる。
  • 高度な外科治療を伴う治療法。
  • CTスキャンが必須。
クリーニング
  • 歯の表面、歯と歯、歯と歯ぐきのすき間の汚れを専用の器具などで取り除く。
  • 虫歯や歯周病予防のため、定期的にクリーニングを受けるよう推奨されている。

お悩み別治療方針

口元や歯のイラスト

口元の悩みは人それぞれです。審美歯科治療では、お口のさまざまなお悩みに応えることができます。
「歯を白くしたい」というお悩みはもちろん、矯正歯科治療の領域においても部分的に悩みを解決できる場合があります。

歯を白くしたい

着色した歯のイラスト
ホワイトニング
歯を白くしたいとお悩みの方におすすめの治療法です。歯を削ることなく薬剤のみで白くします。
なりたい白さまで近づけることができ、短期集中であれば歯科医院で行うオフィスホワイトニング、時間をかけてマイペースに行うのであれば自宅で行うホームホワイトニングと方法を選ぶことができます。
なお、神経を抜いた歯など、ホワイトニングでは白くできないケースもあるため、事前の相談が必要です。
クリーニング
ホワイトニングなどの本格的な治療ではなく、手軽に歯のくすみを落としたい方にはクリーニングがおすすめです。
ただし、ホワイトニングのように元の歯の色よりもさらに白くすることはできません。
ラミネートベニア
前歯を白くしたいけれどホワイトニングでは効果が得られない場合には、ラミネートベニアが適しています。
表面を薄く削ってセラミックを貼り付ける治療で、どんな歯でも確実に白い歯が手に入ります。

銀歯を白い歯にしたい

銀歯のイラスト
オールセラミッククラウン/メタルボンド
虫歯治療で入れた金属の詰め物・被せ物を白い歯にしたい場合は、オールセラミッククラウンがおすすめです。
なお、強度が気になる奥歯の場合は、金属フレームの上にセラミックを焼き付けたメタルボンドが適している場合があります。

前歯の形・色が気になる

前歯のイラスト
ラミネートベニア
前歯が斜めに生えている、傾いているといった形状のお悩みがあり、矯正治療に抵抗がある場合はラミネートベニアが適しています。前歯の表面を削って薄いセラミックを貼り付けることで、自然な形に整えることができます。

前歯のすき間を治したい

隙間のある前歯のイラスト
ラミネートベニア
前歯にすき間はラミネートベニアで治療できます。歯の表面を薄く削ってセラミックを貼り付け、すき間をカバーすることができます。
なお、すき間や生え方の度合いによってはラミネートベニアではカバーが難しい場合もあります。

奥歯の生え方が気になる

奥歯の歯並びが悪いイメージイラスト
オールセラミッククラウン/メタルボンド
クラウン(被せ物)の形を調整することで、歯並び全体もきれいに整えることができます。なお、歯並びや噛み合わせの度合いによってはクラウンでは対応できない場合があります。

きれいな歯並びがもたらすメリット

歯を見せて笑っている2人

歯並びや噛み合わせが悪いと、食事が楽しめないばかりか発音も不明瞭になってしまうことがあります。その他にも、ブラッシングがしにくい、虫歯や歯周病になりやすいといった機能面でも悪影響も出てしまいます。
さらに見た目に自信が持てないことで消極的になり、口を開いたり笑ったりすることをためらうようになって日常生活を楽しめなくなってしまいます。

そのような口元のコンプレックスは、適切な審美歯科治療で回避あるいは解決できます。
白くて形のきれいな歯が自然に並んでいると、口元だけでなく顔全体が明るい印象になり表情も豊かになり、自分に自信が持てて性格まで明るくなってきます。

審美歯科治療であなたの口元は変わります

きれいな口元

審美歯科治療では、使用材料や治療方法以上に、担当ドクターのセンスや審美的な感覚が仕上がりを大きく左右しますので、ドクターとの相性や信頼関係も大変重要です。
美しい仕上がりを目標とした治療ですので、治療のプロセスの中でお互いのイメージや感覚のキャッチボールを十分に行うことを心がけましょう。

審美歯科治療は一般の歯科とは異なり、保険を使うことができない「自費治療」となります。そのため値段はクリニックによって異なりますが、一般歯科よりも高額になるケースがほとんどです。

その分、経年劣化を起こさない素材を選択することが出来たり、金属フリーの治療を行うこともできます。長期にわたってお口の健康を考えて、費用対効果をしっかりと見極めることが大切です。

またご自身で申請が必要ではありますが、既定の条件を満たしていれば医療費控除が適応されるなど、還付を受けることも可能です。

「美しいお口元」を手に入れたい方は、ご自身のご希望に合ったさまざまな審美歯科で理想の状態に変身することも夢ではありません。