【体験診療】カウンセリング編 サムネイル

▲上の画像をタップするとYouTubeアプリが開きます。ブラウザ上で閲覧すると終了画面が正常に表示されない場合があります。

なぜ健診が大切なの?

歯ブラシやコップを持って笑っている人の画像

治療が終了すると、初診時と同様の検査をおこない歯周病や虫歯の治療の状態を最終チェックし、その結果を歯科衛生士からお伝えします。その後は健診へと移行していただきます。

定期的に来院して歯周病や虫歯のチェック、お口の中のクリーニングをすることによって、再発を防ぐことができます。
健診は治療ではありません。
歯周病や虫歯の予防の為に健診が欠かせないのです。

「歯周病」は怖い病気です

「歯周病」とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないと、そこに細菌がたまり歯肉周辺が炎症をおこして赤くなったり、腫れたりします。炎症が進行していくと、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動いてしまい、最終的には歯を抜かなければいけなくなってしまう、とても怖い病気なのです。
そして、自覚症状が無いのも「歯周病」の怖いところです。初期〜中等度の歯周病は痛みなどの自覚症状はありません。

でも、安心してください!歯周病を自分でチェックできる方法もあります。それは口臭です。「えっ!口臭って中高年からするもので、若い私達には関係ないでしょ?」と思った方、それは間違いです。20代の人でも約60%以上が歯周病にかかっていると言われているんです。

ではここで、チェック方法をご紹介します。

  1. コップのニオイをかぐ
    コップの中に自分の息をはいて、吐いた息のニオイをチェックする方法です。コップに息を吐いてからいったん蓋をし、深呼吸をした後にコップの中の息のニオイを嗅いでみます。
    少しでもニオイがすれば、口臭がある可能性があります。
    コップの代わりにビニール袋などでも代用できますが、その際は袋自体にニオイのない物を選んでください。
  2. 舌を見る
    自分の舌を鏡で見てみましょう。健康な人の舌はピンク色をしていますが、舌に白い苔のような物がつくことがあります。これを「舌苔ぜったい」といいます。
    舌苔がついている人は、口臭がある可能性があります。
  3. 舌のニオイをかぐ
    舌苔がついていた人はさらに舌のニオイも嗅いでみましょう。コットンパフなどで舌苔を拭き取り、そのニオイを嗅いでみます。
    自分でニオイが強いと感じた場合は、口臭がある可能性があります。
  4. デンタルフロスのニオイをかぐ
    デンタルフロスを歯と歯の間に通したあと、そのフロスのニオイを嗅いでみましょう。
    フロスが臭いと感じるなら、口臭がある可能性があります。
  5. 唾液のニオイをかぐ
    唾液のニオイでも口臭はチェックできます。
    唾液のニオイが臭いと感じたら口臭がある可能性があります。

一つでも当てはまった人は、歯周病にかかっている可能性があります。早めに健診を受けることによって歯周病を早期に発見できます。

歯周病と全身疾患の関係

歯が痛い人のイメージ画像

最近、患者さんの中にも「歯周病が気になる」という人が増えてきたように思います。実際に虫歯より歯周病を患っている人が多くいるのが現実です。
「お口の病気はお口の中だけのもの」と思っている人も多いと思いますが、実は、歯周病は体の中の様々な状態とも関連していて、全身疾患とも深く関係があるのです。

その中でも関連性の高い疾患を紹介します。

糖尿病
「歯周病は糖尿病の合併症」と言われるほど深く関連する病気で、歯周病と糖尿病は「相互リスクの病気」と言われています。
糖尿病で高血糖状態が続くと免疫が落ちます。そして、感染症にかかりやすくなり、細菌感染が原因の歯周病にかかるリスクが高まります。また、高血糖状態で歯肉が炎症を起こすことで、歯周病がさらに進行しやすくなるのです。
歯周病から糖尿病への影響としては、歯周病菌により歯肉の中で炎症性物質が作られ、その物質がインスリンの働きを妨げて糖尿病を悪化させてしまいます。
歯周病の治療を行うことで、インスリン抵抗性が改善することなどが報告されており、糖尿病の血清コントロールに歯周病の治療が重要視されています。
誤嚥ごえん性肺炎
唾液や食べ物が誤って肺に入り発症する肺炎を誤嚥性肺炎といい、主な原因は唾液中に含まれる細菌です。歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢、認知症、脳血管障害、手術後など、食べ物の飲み込みを上手く行えない人は特に注意が必要です。
骨粗鬆症
骨粗鬆症とは、骨の形成と吸収のバランスが崩れることによって骨量が減少し骨組織の構造が弱くなり骨強度が減少する病気です。
骨粗鬆症によって骨がスカスカになると、顎の骨の量も少なくなります。それにより、骨粗鬆症の方は歯周病になりやすく、さらに、重症化しやすくなるのです。
低体重児出産
妊娠している女性が歯周病にかかっていると、早産や低体重児出産のリスクは7倍になると言われています。これは喫煙や飲酒、高齢出産などよりもはるかに高い数値です。
歯周病による炎症性物質により陣痛が促進され、結果的に早産や低体重児出産が増えるのではないかという報告があります。

歯周病は全身に関わる重大な病気です。やはり早期発見・早期治療が大切です。重症化する前にしっかりケアを行いましょう。
お口の健康を守るために、予防のために、ぜひ定期的に健診を受けてください。

メリットがいっぱい。自宅でできる歯肉マッサージ

加齢や歯茎にある毛細血管の血行不良、歯周病の進行により「歯茎が下がってきた」「唾液の分泌量が低下した」「歯茎の色が悪くなってきた」と感じている人は、お口の健康を守るために、毎日の歯磨きで歯垢をしっかり取り除くことがもちろん一番大切です。

ですがそれにプラスして歯肉のマッサージをすることで、血行促進効果やリンパの流れを活性化することができ、お口の健康も守ることができます。
歯肉マッサージは、歯茎に溜まっている老廃物を取り除く、デトックス効果が得られます。加えて口の中にあるたくさんツボを刺激するため、唾液の分泌量が増え、お口の中の菌の量が減少します。それだけでなく、顔や口周りのむくみが取れ、頬のたるみや口角の下がりを改善することも期待できます。

歯肉マッサージにはたくさんのメリットがあるので、ぜひご自宅でのケアに取り入れてみてください。

はる歯科診療室では、健診やクリーニングに来られている患者さんに歯肉マッサージもおこなっております。ご希望があればご遠慮なくお申し付けください。

歯肉マッサージの方法

歯肉マッサージの順番

まずは、歯肉マッサージをする前にお口の中をブラッシングしてキレイにしましょう。お口の中がキレイになったら、頬側の歯肉を下の奥歯から前歯の方に向かって、人差し指の腹で円を描くように動かしてください。あまり力は入れすぎず軽い力で行なってください。

次に、人差し指と親指で歯を挟むようにして刺激を与えながら1本1本マッサージします。下の歯が終わったら、同じように上の歯もマッサージしていきましょう。

上下の歯が終わったら、最後に人差し指でほっぺたを上から下へ、下から上へと広げながら3〜4回マッサージして完了です。ほっぺたを大きく広げるようにマッサージするとスッキリしますよ。

マッサージする時は専用のジェルを使うと馴染みやすくなります。もし、指でマッサージするのが難しい方は、歯ブラシでも同じように歯茎のマッサージをすることができます。その際は、歯ブラシの毛先を歯茎の方に45度傾け、力を入れすぎないように優しく動かすようにしてください。

車には車検があるように、毎日使う歯にも健診を

車と歯ブラシのイメージ画像

一言で歯科治療といっても、小さな虫歯から外科治療などの大かがりなものまで様々です。治療の大小はあっても、治療を完了された患者さんはみなさん全員とても素敵な笑顔になります。いつまでもその笑顔で過ごしていただくために大切なこと、それが家庭でのケアと健診です。

以前、矯正治療を途中でやめてしまい罪悪感から放置してしまった患者さんが、はる歯科診療室にお越しになりました。
「ちゃんと治療を続けていれば…」
「健診に行っていれば…」
もしこの患者さんが健診に通われていれば、早期の対応がされていたのではないかと思います。

矯正治療に限らず健診はとても大切です。
痛いと思った時には手遅れのことも多々あります。
いつまでもみなさんが笑顔で過ごすためにも、はる歯科診療室に健診にご来院ください。

こちらもおすすめ

はる歯科のこだわり