【体験診療】インプラント編 サムネイル

▲上の画像をタップするとYouTubeアプリが開きます。ブラウザ上で閲覧すると終了画面が正常に表示されない場合があります。

インプラントの意味は「植え付ける」

インプラントイメージイラスト

インプラントとは失った歯の代わりに人工の歯を「植える」ことで、より自然に近い自分の歯を取り戻すことができる施術です。インプラントは、入れ歯やブリッジに比べてデメリットが少なく、メリットの多い優れた治療法です。自然で美しい見た目や快適な使い心地から「第二の永久歯」とも呼ばれています。

これまで失った歯の機能を取り戻すためには、左右の歯を削ってかぶせてつなぐ「ブリッジ」にするか、隣の歯にバネをかける「入れ歯」にするかの2通りしか選択肢がありませんでした。

インプラント治療では人工歯根を用いることにより、左右の歯を削ることなく歯を入れることができます。しかも天然の歯と同じようにそのまま噛む力が維持できるので、ブリッジや入れ歯のように他の歯を痛めることはありません。
「残っている歯の負担が少ない」
これがインプラント治療の良い点のひとつです。

また先天的に歯が無い部分にもインプラントは最適です。インプラント治療は1本の歯がなくなってしまったときはもちろん、全ての歯がなくなった場合も適用できる治療方法です。

「メリット」と「デメリット」

インプラント治療には以下のメリット、デメリットがあります。

メリット
  • しっかりと左右バランスよく噛める
  • 取り外しの手間が無い
  • 自然に近い仕上がりで笑顔に自信が持てる
  • 発音が安定するので会話もスムーズ
  • 硬いものでも気にせず食べられる
  • 食事をおいしく味わえる
デメリット
  • 治療期間が長め
  • 治療後のお手入れ次第で感染の可能性がある
  • 費用が比較的高額

はる歯科では患者さんの側に立って悩みを解決していきます。
不安や疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

治療方法とケア・メンテナンス

手術中は痛みを感じないので安心。 定期的なメンテナンスのイメージ画像。

インプラントは、他の歯科治療と異なり手術を伴う治療法となります。とはいえ、手術中に痛みを感じることは、ほぼありません。

抜歯や、歯を削ったりするときには局所麻酔を使用します。ただ、麻酔効果は一定時間なので、手術後に痛みが続くような場合は、鎮痛薬(痛み止め)を服用してもらうようになります。

術後の痛みは、症例によってや個人差もありますが、通常の場合、鎮痛薬を数回服用すると次第に治まります。術後に長期間痛みが継続する場合は、手術の担当医に問い合わせてください。

インプラント治療が終了したあともケア・メンテナンスが大切です。
とくに高血圧症、心臓疾患等の循環器系疾患、喘息等の呼吸器系疾患、糖尿病、骨粗鬆症等の疾患、腎臓や肝臓の機能障害などがある場合には注意が必要です。現在服用されている薬が、インプラント治療に適さないこともあるので担当する医師としっかり相談しましょう。

また、何も不具合が無い場合でも、治療した状態を長く良好に維持するために、定期的に通院してメンテナンスをおこなってください。

インプラントは、骨と人口歯をしっかりと結合しますが、天然歯と比較すると粘膜との結合が弱いため、菌に感染しやすい場合があります。そのためご自宅でも、歯ブラシやデンタルフロスなどを用いて、患者さん自身による毎日の口腔清掃がとても重要になります。

良好な状態を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。患者さん自身による口腔清掃がじゅうぶんでない、あるいは定期的なメンテナンスをしないと、問題が起きてしまう可能性が高くなります。

はる歯科のインプラント

はる歯科診療室のインプラントは35万円(税別)からとなります。

インプラントの勉強をめちゃめちゃしてるイメージイラスト

インプラントは比較的新しい治療法だというイメージがあるかもしれませんが、実は、大昔のローマ時代にも「インプラントが使われていた」という話もあります。

現在、普及した技術は50年くらい前に開発されたものがベースで、改良に改良を重ねて性能が良くなり、今や世界中で使用されています。インプラントは自分の歯のように使い心地がよいため「第三の歯」や「第二の永久歯」と呼ばれることもあります。
現在では数多くのインプラントメーカーがあり、次々に新しいメーカーが誕生する一方、ひっそりと撤退してしまうものもあります。

はる歯科では安心してインプラント治療を受けていただくために、厳正な選択基準に合致し、50年以上の実績とともに世界No. 1のシェアをもつstraumannインプラントを使用しています。また、はる歯科の医師は、「日本口腔インプラント学会」が指定した研修施設で一定期間以上インプラント治療の研修を行い、学会主催の研修会に参加したあと筆記試験と面接試験を受験した「インプラント専門医」です。インプラント治療に関する専門知識と技術がじゅうぶんあると認められた医師だけが専門医に認定されます。もちろん、はる歯科では認定された医師によって診察・施術を行っているのでご安心ください。
さらに、専門医に認定された医師はその後も知識のアップデートのために継続して学会での研修が義務付けられているので、はる歯科では常に最先端のインプラント治療の提案をすることが可能です。

「食事を楽しむことは」人生の喜びのなかでも大きなひとつです。噛む力が従来どおりなのは嬉しいですよね。
インプラントは、失ってしまった自分の歯にかわって、咬み心地・見た目を回復することのできる治療法です。
歯を失ってできなくなったり、あきらめていたことがインプラントによってできるようになり生活に笑顔が戻ってくることを期待しています。

こちらもおすすめ

はる歯科のこだわり