あなたはどのタイミングで歯医者を受診しますか?

口元

歯が痛む、歯ぐきが腫れた、被せ物が取れた、物がはさまる、冷たいものがしみるなど歯のトラブルは色々とありますが、我慢できるものだとついつい歯医者に行くのを先延ばしにしてしまう人がいます。
しかし、早めに受診しないと歯の状態が悪化し、結果的に治療の時間もお金も多くかかってしまう場合があります。

転んで擦りむいたケガであれば自然に治ることもあるかもしれませんが、歯は自然に治るということはありません。
治療が遅れれば遅れるほど、治療は複雑で困難になってしまいます。
とくに、虫歯や歯周病の場合は、放っておいたら悪化する一方で、必ず進行して歯を削ることになってしまいます。

普通に生活をしていて、あれ?と少しでも違和感を感じたら、すぐに歯医者を受診することをおすすめします。
初期の虫歯であればクリーニングなどのメンテナンスで治る場合もあります。

なかなか歯医者に行けない時の応急処置

歯のトラブルが発生したらすぐ歯医者に行くのが理想的ですが、忙しくてなかなか時間が取れないという人もいますし、何より、歯医者が苦手!という人も多いですよね。

ここでは各症状別に自分でできる応急処置をご紹介しますが、これらはあくまで一時的に症状を和らげたいときの応急処置です。また、症状の重さによっては応急処置をしても効かないことがあるので、状態が悪化するのを防ぐためにもできるだけ早く受診してください。

苦痛を少しでも減らすためにも、症状が軽いうちに歯医者へ行くことをおすすめします。

歯が痛いとき

歯が痛い人
痛いところを外側から冷やす
濡らしたタオルを頬に当てたり、解熱シートを貼るといった方法で、患部を外側から冷やしてください。血の巡りを抑えることで、歯痛を和らげる効果が期待できます。
氷を直接当てたり、長時間冷やしすぎたりすると血行障害や皮膚を傷つけてしまうことがあるため注意しましょう。
口の中を清潔にする
食べカスが虫歯に詰まって神経を圧迫している可能性があります。爪楊枝や糸ようじでそっと食べカスを取り除き、ぬるま湯でゆすぐなどして口の中を清潔にしましょう。
ただし、患部を刺激すると痛みが悪化する恐れがあります。強くかき出したり勢いよくゆすいだりしないようにしてください。
痛み止めの飲み薬を服用する
市販の鎮痛剤のなかでも、強い効き目がほしければジクロフェナクナトリウムやロキソプロフェンといった成分が配合されているものがおすすめです。
歯に痛み止めの塗り薬を塗る
患部に直接塗るタイプの痛み止めは、飲み薬よりも即効性が期待できます。液体タイプやジェルタイプのものが販売されていますので、綿棒の先に薬液を付けてそっと優しく患部に塗ってください。

※市販薬を使用する際は薬剤師の指示および商品の能書きに従い、用法用量を守って正しく使用してください。

歯が痛いときに控えたいこと

痛い歯をいじる
手に付着した細菌が患部に入り、痛みをさらに悪化させてしまうことがあります。
また、舌先で触れた場合も刺激になってしまうことがあるので、控えた方が良いでしょう。
入浴
体温が上がると痛みが悪化することがあります。血流が良くなることで血管が膨張し、神経を圧迫してしまうことがあるからです。入浴は控えるか、ぬるめのシャワー程度にしておくことをおすすめします。
アルコール・タバコ
アルコールには血行を促進する作用があるため、痛みが強くなることがあります。
また、反対にタバコには血管を収縮させる作用があります。弱くなった血流を改善するため、体が血圧を上げようとしたとき、血流が増加して神経が圧迫され、痛みを感じやすくなることがあります。

歯の詰め物が取れた場合

口元を指差す女性・鏡
しっかり歯磨きをする
詰め物が取れた歯はしっかり歯磨きをしましょう。取れた部分の歯は柔らかい象牙質が露出し虫歯になりやすくなっています。
また、取れた部分の歯には隙間があり、食べ物のカスが詰まりやすくなっています。詰まった食べ物のカスが、歯茎を圧迫し歯茎が腫れてしまうこともあるので、詰め物が取れた歯はしっかりと磨いてください。
取れた歯で噛まない
詰め物が取れた歯で極力噛まないようにして下さい。特に硬いものは絶対に噛まないで下さい。
詰め物が取れてしまうと歯は脆くなり、歯にヒビが入ったり、割れることがあります。
熱い、冷たいなど温度変化があるものを飲んだり、食べたりしない
詰め物が取れた部分は知覚過敏になっている可能性があり、痛みを感じやすくなっています。
熱いものや冷たいものを飲食するときは、詰め物が取れた歯の反対側でするようにしましょう。
歯医者に行くまで1,2週間程度なら虫歯は進行しない
詰め物が取れても歯医者に行くまで1,2週間程度なら虫歯は進行しません。
もちろんできるだけ早く受診した方がいいですが、虫歯は徐々に進む病気なので詰め物が取れて1週間で穴が空くような虫歯にはなりません。平均的には1ヶ月くらいで初期虫歯が始まり、3ヶ月程度で穴が空き始めます。
いずれにせよ、1,2週間程度では虫歯は進行しませんが、歯医者にはなるべく早く行きましょう。
取れた詰め物を容器に入れて治療の時に持っていく
取れた詰め物は捨てずに、容器に入れて治療の時に歯医者に持っていきましょう。
取れた詰め物が金属の物で虫歯や変形、劣化がなければ調整し消毒してそのまま付けることができる場合もあります。
取れた詰め物を接着剤で付けたり、歯に戻そうとしたりしない
取れた詰め物を接着剤で付けようとしたり、無理やり歯に戻そうとするのは絶対にやめてください。
接着剤で付けたものは、最悪、削り取らなければならなくなったり、無理に戻したものは外れて飲み込んでしまったり、時にはそれが気管へと入ってしまうこともあり大変危険です。

歯がしみるとき

歯がしみている人

冷たいものや温かいもの、甘いものなどが歯を刺激してしみることがあります。時には冷たい風が当たっただけでしみてしまうことも。

原因が虫歯の場合には、冷たいものや甘いものがしみるようになり、進行すると温かいものもしみるようになります。

知覚過敏が原因の場合は、歯に物が触れたり冷たいもの・甘いものを飲食したり風が当たったりしたときに一時的にしみるといった痛みを感じます。

根本的に治すためには原因となっている要素を改善する必要があり、ひと口に「歯がしみる」といっても、その原因や症状は人それぞれです。

歯がしみる時の対策で、まず、簡単にできるのが歯磨き粉を見直すことです。
歯から溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンを、歯に戻す再石灰化を促進する効果のある、フッ素入りの歯磨きはしみるのを軽減する効果があります。

夜間や休日に、我慢ができないほど歯が痛くなったら

歯が痛い人

歯医者の診療時間が終わった後や休診日に、どうしても我慢ができない痛みやトラブルに襲われると大変ですよね。
香川県高松市には、夜間や休日でも受診できる医療機関があります。

高松市歯科救急医療センター

場所:香川県高松市福岡町三丁目36-23
電話:087-851-1167

Google Mapで地図を拡大表示

診療日時

夜間救急歯科診療
月曜日~土曜日(夜間救急歯科診療) 19:30~22:00
※但し、祝日および年末年始は休診
休日救急歯科診療
日曜・祝日 9:00~12:00 13:00~16:00
※但し、年末年始: 12月30日~1日3日 (9:00~12:00)
※お盆: 8月13・14・15日

受診の際には保険証を忘れずにご持参ください。診療業務は、高松市歯科医師会に加入している歯科医師及び香川大学歯科口腔外科所属の歯科医師が行います。

ただし、ここでは痛みや腫れを取り除く救急処置を基本としていますので、継続的な治療は受けられません。

高松市歯科救急医療センターでの処置内容を記入した診療依頼書を持って、後日、必ず「かかりつけ歯科医院」又は、最寄りの歯科医院を受診して下さい。

高松市歯科救急医療センターでの処置後、当院を受診される患者さまへ

痛みや詰め物の救急処置のあとは、患者さまのご要望に合わせて治療をおこなっていきます。とくにお申し出がない場合は、基本的に保険の範囲内で治療をおこなっていきます。

当院の患者さまのうち40%の方が「一度にたくさん治療し来院回数を少なくしたい」というご要望をお持ちです。また残りの患者さまは「最も良い材料と方法で治療をしたい」「痛いところだけでなく、口の中を全てチェックして悪いところは全て直して欲しい」とおっしゃっています。

まずは痛い歯や取れた詰め物などの対応を優先しますが、その後は「いつまでに終わらせて欲しいなどの治療の期間」や「保険適用内で安く済ませる」、「営業職で人と話すことが多いので、前歯だけは少し良い材料で治療したい」など、ご要望がありましたらどうぞ気軽にお問い合わせください。