口腔外科とは?

口腔外科が分からない人のイメージ画像

口腔外科では、親知らずの抜歯や顎関節症の治療など、口の中や顎、顔面、ならびにその周りに現れる疾患を扱います。

歯が原因となるものから、以下のような診察も含まれます。

  • 事故やスポーツなどによる外傷
  • 顎変形症
  • 唾液腺疾患などの外科的疾患
  • 口腔粘膜疾患
  • 神経性疾患
  • 口臭症

などです。

治療により、顔面全体の自然な見た目や機能が回復すると、顔全体がいきいきとしてすてきな笑顔を取り戻せます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。

はる歯科診療室では、親知らずの抜歯や顎関節症の治療などを行っています。その他、口蓋裂や骨折、口腔ガンなどは診療を行った上で、必要に応じて専門の医院をご紹介しています。

「抜いたほうがいい親知らず」と「抜かなくてもいい親知らず」

抜かれた歯と、抜かれていない歯のイメージ画

親知らずを抜いた経験があるという人もいらっしゃると思います。親知らずは抜いた方がいいとよく言われてますがその理由はご存知でしょうか?

まず、親知らずの正式名称は第三大臼歯と言います。
奥歯の1番後ろに最後に生えてくる歯のことをいいます。生えてくる時期は10代後半から20代前半と個人差があり、人によっては親知らず自体が元々なかったりすることもあります。

親知らずは一人一人生え方が違っていて、

  • まっすぐ生えてくるケース
  • 斜めに生えてくるケース
  • 真横に生えてくるケース

があります。

これらはレントゲン撮影でどのように生えてくるか確認することができます。

斜めや真横に生えてくるケースは生えるスペースがないので多くのトラブルの原因になることが多く、ブラッシングの時に歯ブラシがうまく当たらずに虫歯や歯周病になることがあります。

また、歯が完全に歯肉の中に埋まっているケースでも、隣の歯と近接し歯周ポケットができてしまうことがあります。

いろいろな生え方をしてしまう親知らずですが、一番やっかいなのは、親知らずだけが虫歯や歯周病になるのでなく隣の歯まで巻き込んで感染してしまうものです。
いずれにしても早めに受診されることをおすすめします。

ただ、他の歯と同じようにまっすぐ生えて、しっかりと噛み合ってる親知らずは抜かなくてもいいこともあります。抜かなくてもいいと言っても磨きにくい部分なので家庭でのケアは必要不可欠です。

親知らずの抜歯後は腫れることもあるので敬遠されがちですが、気付かないうちに虫歯や歯周病になっている可能性があります。

まずは現状を把握することが大切ですのでお気軽にご来院ください。

親知らずのケアの仕方

はる歯科診療室では、親知らずで来院された人に家庭でのケアの仕方もお伝えしています。

まずは、歯ブラシの選び方が重要です。ヘッドが大きいものは奥まで届きにくいので、小さめのものを選んでください。また、ネックが長いものもオススメです。

口を大きく開けずに、半開きの状態で磨いてみてください。頬の筋肉が緩んで歯ブラシが奥まで届きやすくなります。また、歯と歯の間はしっかりフロスを通しておきましょう。

オススメの歯ブラシは、ワンタフトブラシという製品です。

ワンタフトブラシの写真

筆のような形をしていて、ネックが長くて細かい部分にも使える歯ブラシです。ぜひ試してみてくださいね!

専門治療が必要な口腔ガンについて

口腔ガンは、生命に関わる重大な病気であることはもちろんですが、その最大の特徴は、私たちが生きていくうえで必要不可欠な「食べる」「飲む」「話す」「呼吸する」といった口の機能が大きく損なわれるということです。
口腔ガンにかかると、生活の質が著しく低下してしまう可能性があるのです。

はる歯科診療室では診療を行った上で、必要に応じて専門の医院をご紹介しています。

口腔ガン発生部位の割合
主な口腔ガン発生部位の比率。舌が62.9%、口腔底が11.9%、下顎歯肉が9.1%、頬粘膜が7.9%、上顎・下顎・口唇・口角等は8.2%。

症状

  • 触ると硬い(しこりがある)
  • 潰瘍を形成
  • 見た目がグロテスク
  • 自然出血がある
  • リンパ節が腫れる
  • 痛みがある
  • しばしば白板症や紅板症を伴う
頬粘膜ガンのイラスト
頬粘膜ガン
歯肉ガンのイラスト
歯肉ガン
舌ガンのイラスト
舌ガン

自分で確認するときは、口内炎と間違えやすいので注意が必要です。
治りにくい傷やしこり、粘膜のただれ、腫れなど、そのうち治るだろうと放置したり見過ごしたりしないでください。

最後に

早期発見・早期治療がもっとも大切です。
手遅れになる前に、少しでも気になる症状がある場合には、いつでもどんなことでもお気軽にご相談ください。

こちらもおすすめ

はる歯科のこだわり