早く治さないといけないと思うけど、怖くて歯医者に行けない…というように「歯科治療=痛くて怖いもの」というイメージを持っている人は少なくありません。
しかし、歯科治療で昔と今の一番大きな違いは、歯を切削する機械が進歩したことです。
キーンという音はあまり変っていませんが、削る効率が高くなることで、昔に比べて痛みはとても少ないものになっています。
また、痛みの少ない電動の麻酔装置や細い注射針が開発され、麻酔注射も痛みが少なくなっています。
はる歯科では最先端の医療機器をそろえ、痛みの少ない虫歯治療を行っています。

こちらもおすすめ

はる歯科のこだわり