香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、こんにちは 😃 

 

 

ずいぶん寒くなってきましたねー🍃

ブルっと冷気を感じた時にみなさんの歯はどうなっていますか?

ぱかっと口を開ける人はおらず、ぐっと噛みしめることがあるのではないでしょうか?

 

一瞬だけ噛みしめるのは問題ないのですが、持続的に噛みしめるとやはり色々な問題が発生してしまうのです (><)

 

この癖をTCHといいます。

TCHとは、”Tooth Contacting Habit”(歯列接触癖)の略で、上下の歯を “持続的に” 接触させる癖のことです。

 

 

上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみ締め」や「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際にはグッと強い力でかみ締めや食いしばりを行わなくても、上下の歯が接触する程度でも筋の緊張・疲労が生じるんです! (◎_◎;)

 

    

実は上下の歯は何もしていない時は接触しておらず、離れているのが正常なんです。

会話や食事をする際に接触する時間を含めても、接触しているのは 1日20分程度 が正常だと言われています。

上下の歯の接触時間が長くなると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増え、起床時症状(顎の疲労感,歯の違和感,口が開きにくいなど)や顎関節症、様々な不定愁訴に関わっている可能性が考えられています。

また日中のTCHを軽減させることで夜間の歯軋りも軽減され、顎関節症や様々な不定愁訴が軽減する可能性が考えられています。

 

改善法としては、TCHはテレビを見ている時や長時間パソコンをしている時などに起こりやすいので、テレビやパソコンの隅に何らかのシールや写真などを貼っておき、それを 見たら上下の歯が接触していないかどうかを確認し、もし接触していたら離すということを繰り返すという方法があります。

 

この方法をリマインダーといいます。

シールや写真以外に付箋に「歯を離す」と記入して貼るのもオススメです。

ただし、TCHを意識しすぎるとそれがかえって疲労感を作ってしまうこともありますので、四六時中TCHを意識して生活するのではなく、リマインダーを見たりTCHにふと気づいた時に歯を離すようにすることが推奨されています。

 

 

私も気付いたら診療中に食いしばっていることがしばしば。。。

 

 

さすがに診療台に付箋を貼るわけにはいかないので、気付いたら歯を離すようにしています (^ ^)

特別な道具もいらないので、最近何だか顎がだるいなどの症状がある方は気軽にお試しください (*^^*)

 

しかし、さらに厄介なものがあります :(;゙゚’ω゚’):

 

それは夜間の無意識に行う歯ぎしり、食いしばりです ⚠️

 

歯ぎしりについて、分かりやすく解説したアニメーション動画 🎥

是非、参照あれ (o^^o)

    ☟☟☟

https://m.youtube.com/watch?v=6ULgpyvNmDU

 

はる歯科では、歯型を採ってぴったりなナイトガードをお作りしています ✨

     

 

ご興味のある方は、まずはお気軽にお申し出ください 😄

 

 


ご予約のお電話は 087-833-6480

高松市西町 13-31 

はる歯科診療室

 

 

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介