\口腔細菌学講座教授の話/

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、こんにちは 😃

 

 

朝晩の冷え込みにより、ようやく紅葉が色付き始めましたね 🍁

今年は、インフルエンザの流行が早いといわれています ⚠️

 

みなさんは口腔ケアを行わないとインフルエンザに感染しやすくなり、感染した場合はインフルエンザ治療薬が効きにくくなる可能性があるのをご存知ですか?

 

 

残念ながらインフルエンザ対策として「手洗い」「うがいの徹底」や「マスクの着用」などはよく言われていますが、意外にも「歯磨き・口腔ケア」が予防効果を高めることは、あまり知られていません(´Д` )

 

 

なぜ、口腔ケアがインフルエンザに効果があるのでしょうか???

 

口腔内の細菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素を出しています。

口腔を不潔にしているとインフルエンザに感染しやすくなります。

また、歯周病による炎症もウイルス感染を促進させるんです! (◎_◎;)

 

さらに、インフルエンザウイルスは口腔内雑菌の出す「ノイラミニダーゼ」という酵素を介して増殖します。

インフルエンザの薬と知られているタミフルやリレンザなどはこの働きを妨げることでウイルスの感染拡大を防ぐ抗インフルエンザ薬なんです 💊

 

 

歯学部 口腔細菌学講座教授によると・・・

 

「ノイラミニダーゼを介してインフルエンザの感染は拡大します。口腔ケアを行い、口腔内雑菌を減少させることで、口腔内雑菌が産生するノイラミニダーゼの発生を少なくすれば、インフルエンザ感染を抑制できる可能性があります」

と、言われています ✨

 

なんと!この研究チームは、歯垢に含まれる細菌がノイラミニダーゼを作り出し、ウイルスの増殖を助けることを研究で突き止めました (*^ω^*)

 

 

そして、奈良県歯科医師会によるこのような調査結果が報告されています ✏️

介護施設で歯科衛生士が高齢者に対しブラッシングや舌磨きの指導を実施したところ、通常の歯磨きをしていた施設に比べてインフルエンザ発症率が10分の1に激減することが示されました!!

 

 

今年のように、年々インフルエンザ流行の予測が困難になっています。

さらに薬剤耐性ウイルスの問題も深刻化しています :;(∩´﹏`∩);:

 

何よりインフルエンザにかかると辛い!!

お口のケアをしっかりして、インフルエンザを撃退しましょう 🥊

 


ご予約のお電話は 087-833-6480

高松市西町 13-31 

はる歯科診療室

 

 

 

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介