食いしばりを治す7つのこと

みなさんこんにちは🐩
はる歯科診療室 西岡です^_^

先日、晴れ着姿の新成人を見かけました👘
とても色鮮やかで、みなさんお綺麗でした✨

さて、まだまだ寒い日が続くこの時期、みなさん気付くと顎がだるくなってはいませんか?

実は、寒いとついつい食いしばってしまい顎関節に負担をかけてしまうんです(´Д` )

そこで、今日は食いしばりを治す7つのことについてお話しします(*^^*)

食いしばりは、ストレスなどの精神的要因と、お口の中の噛み合わせなどの要因など、様々な要因が重なって起こります。

ですから、「これをしたら必ず治る」という治療法は残念ながらありません😢

いくつか効果的な方法を紹介しますので、これらを組み合わせて行っていく事が必要です☝

1.マウスピース

夜寝ている間に装着して、寝ている間に無意識に食いしばりをするのを防ぎます。
寝ている間は、食いしばりをしないように自ら注意する事ができません💤

無意識のうちに食いしばりを行うので、強い力で長時間してしまう事も多く、歯や歯ぐきへのダメージが強くなります。

マウスピースを装着する事で、力を分散させ、ダメージを軽減します。

はる歯科では、このマウスピースのことを「ナイトガード」と呼んでいます。
歯の型を取り、ご自身専用のマウスピースを作成しています。

違和感が少なくとても好評です♪( ´▽`)

これは、ナイトガードの作成方法を解説した動画です🎬
是非こちらもご覧ください💁‍♀️
☟☟☟
https://m.youtube.com/watch?v=IeZHmaMsA9k

2.噛み合わせの調整

噛み合わせが悪く、高い部分や低い部分があると、食いしばりを助長させてしまう事があります。

定期的に噛み合わせのチェックと調整を行うことをお勧めします!

3.全身のストレッチ運動

首・肩・手足・腰などを伸ばす運動をし、筋肉の緊張をほぐします

食いしばりにより首や肩がこる事がありますが、逆に、首や肩がこっていると、食いしばりを起こしやすくなります。

4.イメージトレーニング

自分で、上下の歯と歯を合わせないように意識するようにしましょう。

食いしばりをしないように、自己暗示をかけます🧘‍♂️
上下の歯を接触させている事に気がついたら、意識的に歯と歯を離し、深呼吸するなどしてリラックスさせましょう。

5.脱力運動

筋肉を脱力させる感覚を得るためのトレーニング法です🏃‍♀️

手を思い切り上に伸ばして緊張させてから、一気に肩の力を抜き、脱力させます。

また、肩をぐっと上に挙げて一気に力を抜きます。このように筋肉を緊張させて、脱力させる運動を何度か繰り返すのが効果的です。

6.頬杖などの癖を治す

頬杖は顎に負担をかける癖です。
顎関節に偏った力がかかり、噛み合わせが悪くなり、食いしばりを助長させてしまう事があります。

7.寝ている時の姿勢を改善させる

顎や首・肩に負担をかけない事が大切です。
横向きで寝る姿勢は、片方の顎に偏った力がかかってしまうのでやめましょう🛌

また、枕を高くしすぎると、首や肩に負担がかかるので、やめましょう。

食いしばりの癖は、歯や歯ぐき・顎関節を痛め、様々な悪影響を及ぼします⚡️

また、口の周囲の筋肉にも影響が及ぶため、頭痛や肩こりなどの全身症状を引き起こす事もあります(◞‸◟)

食いしばりをしていると感じている方は、食いしばりを治す7つの方法を試してみてください( ^ω^ )

快適なマウスピースもお作りしていますので、お気軽にお問い合わせください☺

ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 
はる歯科診療室

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介