\快眠の裏技教えます/

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、こんにちは 😃  院長の野口です 🐻

 

 

冴え渡る月の姿に、秋の深まりを感じるころとなりました 🌕

 

ところでみなさん、快眠できていますか?

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあり、不安な気持ちが大きくなって眠れないという声を聞きました :;(∩´﹏`∩);:

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

 

寝る前に不安を感じた時の対処方法を3つ紹介します ^ ^

 

 

不安になるとドキドキして、目がさえてきます。

本来なら副交感神経を優位にして、おやすみモードになるわけですが、気になることを考えたり、感じたりすることで、交感神経が優位になります。

 

 

そのスイッチを切り替える3つの方法とは、

1⃣呼吸

2⃣笑う

3⃣カラダをゆるませる

です。

 

 

1⃣呼吸

焦っている時に「深呼吸して」とよく聞くと思います。

人は緊張するほど、呼吸が浅くなってしまいます。

そういう時こそ、できるだけ意識して呼吸をしてみてください。

不安なこと、怖かったことなど、気になることは大抵、夜、目をつぶると頭に浮かびます。

そんな時は、「鼻から吸って、鼻から吐く」。これだけのことに集中してください。

 

他のことが浮かんでも、また呼吸に意識を戻します。

ザワザワしていた気持ちが、だんだん落ち着いてきます。

 

2⃣笑う

あえて笑ってみる 😁

本当に面白くなくてもいいんです。

寝る前に横になって電気も消して、急に不安な気持ちが襲ってきたら、「口角を上げて、ニーッて笑ってみる」

というのも脳は本気の笑いもウソ笑いも区別しないんです。

こうやってニーッてしているうちに、セロトニンなどのハッピーホルモンや血流が増してきます。

それに、笑いながら不安なことを考えるのは難しくできません。

いつの間にか不安な気持ちが和らいでいきます。

 

 

3⃣カラダをゆるませる

ゆるませる方法はたくさんありますが、簡単な方法をひとつ。

 

両手で握りこぶしを作り、5秒間思いっきり両腕全体に力をいれます。

そのあと力を抜いて20秒。次は両足も同じように突っ張って力をいれて5秒間。

脱力して20秒。これを3、4回繰り返します。

 

不安が強い時は、自分が過緊張になって力が入っていることに気づきません。

あえて力を入れて、その余計な力を抜く。力を抜いた時には、じんわりと血が巡り、暖かさを感じます。

 

 

 

この3つを不安な時のおまじないだと思って、やってみてください (*^^*)

 

そして、もう一つ安眠のためにはる歯科ではナイトガードの装置をオススメしています╰(*´︶`*)╯

ナイトガードは夜間の無意識による歯ぎしり、食いしばりから歯や歯を支える骨を守ります🦴

 

 

これは、歯ぎしりについて解説したアニメーション動画 🎥

是非、ご参考に ^o^

https://m.youtube.com/watch?v=6ULgpyvNmDU

 

はる歯科では、お口の健康を通して皆様の幸せのお手伝いをしています 🌈

お口のトラブルでお悩みの方は、お気軽に来院してください ☺︎

 

 


ご予約のお電話は 087-833-6480

高松市西町 13-31 

はる歯科診療室

 

 

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介