トップダウントリートメントという考え方

はる歯科診療室です
みなさん、こんにちは!
今日は、治療計画の1つのである、トップダウントリートメントについてご紹介します。
簡単にいうと・・・・・
模型上で機能的、審美的に最も適した最終形態(治療のゴール)の位置を診断用ワックスアップで決め、
それに基づき治療計画を立案していくという考え方をトップダウントリートメントといいます。
それでは、その治療計画をご紹介します。
患者さんの最初の歯の状態を、咬合器という装置につけたところです。
DSCN1293.JPG
DSCN1292.JPG
DSCN1302.JPG
DSCN1294.JPG
(↑ 上の歯)
DSCN1295.JPG
(↑ 下の歯)
診断用ワックスアップにて理想的な形態にすると・・・
DSCN1300.JPG
DSCN1299.JPG
DSCN1301.JPG
DSCN1298.JPG
診断用ワックスアップを用いた治療計画は、治療の最終ゴールを決めてから、
治療に入るので、本当に重要な計画だと思います。

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介