入れ歯の清掃方法

みなさんこんにちは!
はる歯科診療室 歯科技工士の網谷です!
今日は、入れ歯の清掃方法についてお話しします^_^
入れ歯も歯と同じように、食べカスやプラークが付着します(´・_・`)
なので、毎日お手入れをして、清潔にする必要があります。
  
そのままにしておくと・・・
口臭の原因になったり、
ばい菌で歯ぐきが腫れたり、
入れ歯に着色、歯石が付きやすくなります。
部分入れ歯だと、バネをかける歯がむし歯や歯周病になる原因にもなります。
これは汚れた入れ歯を使うことが危険であることを説明した動画で🎦
是非、参考にしてください・:*+.\(( °ω° ))/.:+
        ☟☟☟
入れ歯は、毎食後、入れ歯用のブラシで磨いてください。
お口の中から入れ歯を外して、落とさないようにしっかりと手に持って流水下で行いましょう!
洗面台に落としてしまうと、入れ歯が欠けてしまうことがあります。
洗面器を用意して中で洗うことをおすすめします^_^
部分入れ歯の場合は、金属の部分が曲がったりする恐れがあるので、十分に気をつけてください。
ピンク色の部分だけでなく、人工歯にも歯垢や歯石が付きます。
人工歯も入れ歯専用ブラシをあてて、自分の歯をみがくようにブラシを動かし汚れを落としましょう(*゚∀゚*)
ヌルヌルしている場合は、ヌルヌルが取れるまでお掃除しましょう。
この時、ゴシゴシと力を入れ過ぎないようにしましょう。
入れ歯をみがく時は、歯磨き粉は使わないようにしてください。
歯磨き粉に含まれている研磨剤が、入れ歯に細かい傷をつけてしまいます。
細かい傷にばい菌が入りやすくなります。
磨き終わったら、入れ歯全体の汚れが落ちたかどうか目で見て確認し、ヌルヌルが取れているかどうか指でさわって確認します。
綺麗になったら、入れ歯用洗浄剤につけるようにしましょう(╹◡╹)
ブラシだけでは落としきれない細かい汚れや、ばい菌を除去できます。
1日1回は入れ歯洗浄剤を使用して洗浄しましょう。
受付で専用の歯ブラシや洗浄剤も取り扱っていますので、必要な方はおっしゃってください(╹◡╹)♡
毎日お手入れして、綺麗な入れ歯で気持ちよく過ごしましょう!
ご予約のお電話は
087-833-6480
高松市西町13-31 
はる歯科診療室
添付ファイル エリア

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介