病院はる歯科診療室です病院
トップダウン・トリートメントとは・・・・・
模型上で機能的、審美的に
最も適した最終形態(治療のゴール)の
位置を診断用ワックスアップで決め、
それに基づき治療計画を立案して
いくという治療法をいいます。
患者さんの最初の歯型および、診断用ワックスアップにて治療を進めていくと、その患者さんの咬合(噛み合わせ)のどこに問題が生じているのかを診査・診断できます。
DSC00831.JPG
これは、咬合器という装置に歯型を取り付けた状態です。
お口の中の状態をフェイス・ボーとういう装置を用いて、咬合器上で再現した後、診断用ワックスアップを開始するので、誤差を生じません。
DSC00829.JPG
本来の理想的な歯の高さや形態を赤色のワックスで盛り上げています。
DSC00830.JPG
むし歯治療や歯周治療などを行いながら、理想的な状態が整った後に、かぶせ物の作製に入っていきます。
DSC00836.JPG
患者さんのお口の中で、かぶせ物の適合具合(フィッティング)を診ます。これをメタル試適といいます。
(長いかぶせ物の場合は、わずかな誤差を防ぐためにお口の中でロー着という作業も行うことがあります。)
DSC00837.JPG
もしこの時点でエラーがあった場合は、再度、歯型を取り技工所に送ります。
DSC00838.JPG
状態が良かったので引き続き制作に入ります。




DSC00845.JPG
DSC00844.JPG
模型上での適合を再度確認します。
DSC00843.JPG




患者さんのお口の中に装着します。
IMG_3065.JPG
IMG_3064.JPG
トップダウン・トリートメントを行うことで、患者さんの本来の理想的な噛み合わせをトータル的に再構築していくことができます。

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介