歯ブラシの歴史

みなさんこんにちは。
はる歯科診療室、衛生士の池田です。 

 

 

 

 

もう花粉が飛んでいるみたいです💦
私も鼻水とくしゃみで毎日
大変です(>人<;)

 

 

 

 

 

 

 

花粉症のみなさんには
厳しい季節となってきましたが、
マスクなど、しっかり対策してくださいね!

 

 

 

 

 

 

さて、今日は歯ブラシの歴史について
お話しようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

普段何気なく使っている歯ブラシですが、
いつ頃からどんな風にこの状態になったのか、ふと疑問に思ったので、調べてみました📖

 

 

 

 

 

 

 

 

歯磨き習慣の始まりは古く、紀元前五千年のバビロニア人が食前に必ず麻の繊維を指に巻き、歯の清掃をしていたといわれます。

 

 

 

 

 

 

この習慣はバビロニア人からギリシア人へと受け継がれ、ギリシア人はさらにうがいと歯肉のマッサージを習慣としていたようです。

 

 

 

 

 

 

日本では6世紀の仏教伝来とともに「歯木」が伝えられ、歯や舌を清掃するようになったと言われています。
日本ではまだ「ブラシ」の観念が無く、「楊枝・房楊枝」として広まっていたそうです。

 

 

 

 

 

 

現在でもインドやアフリカでは、歯木が使われているところもあるそうです。
棒状の木の枝の一端を噛んでブラシ状にして使うことが一般的ですが、クルミなどの乾燥した木の皮を2~3センチの幅に切って使うことも多いようです。

 

 

 

 

歯ブラシは明治時代の初めにアメリカから伝えられたとされています。

 

 

 

 

 

 

房楊枝では歯の裏側が磨きにくい、木のささら状になった部分が取れて口の中に残る、耐久性がないなどの理由で、次第になくなったといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯ブラシ日本製第1号は、明治5年頃、大阪で、くじらのひげに馬毛を植えた楊枝を製造し、それに「鯨楊枝」の名称をつけて販売されたのが始まりだそうです🐳

 

 

 

 

やがてセルロイド製が普及していき、関東大震災後には豚毛が使われるようになりました🐖

 

 

 

 

 

 

しかし第2次世界大戦の戦中から戦後にかけて、セルロイドが不足し、木や竹に戻ったのです🌲

 

 

 

 

 

 

 

戦後、歯ブラシ生産は機械化が進み、1951年ごろ、大量生産が可能な樹脂の柄とナイロン毛の歯ブラシが出回るようになりました。

 

 

 

 

 

その後、ブラッシングの方法や歯の形状に合わせた様々な商品が開発されてきました。

 

 

 

 

 

 

当たり前に使っている歯ブラシも、時代に合わせていろいろな変化してベストな今の形へとなったのですね!
これからもっと開発が進み、変化し続けていくのでしょうか(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

今もたくさんの歯ブラシの形や商品がありますが、ご自身に合ったものを選ばれるのが一番です!!
自分に合った歯ブラシに迷われている方は、お気軽にスタッフへご相談下さい💫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はる歯科診療室
高松市西町 13-31
087-833-6480

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介