ヒトの本来の目の寿命40歳の説

 

香川県高松市 西町の浜街道沿いにある歯科医院、はる歯科診療室です♪

みなさん、おはようございます 😃  院長の野口です 👀

 

 

   「目には青葉山ほととぎす初鰹」

 

さて今日は歯と同じくらい大切な体の一部、目についてお話ししたいと思います 👀

 

目は「飛び出した大脳」と言われるほど、脳と密な関係にあります!

目がダメージを受けると、それが脳神経へ伝わり、その脳神経が司る全身の器官に影響を及ぼし、頭痛、肩こり、腰痛、めまい、自律神経失調症、慢性疲労、更年期症状の悪化など、さまざまな疾患につながります (´Д` )

 

 

逆に言えば、目のコンディションを整えれば、これらの疾患をやわらげることができるかもしれないのです ✨

 

   

 

このような話があります ☝︎

 

股関節の痛みを訴えるプロサッカー選手たちにまぶたの筋肉をマッサージするんだそうです。

すると、股関節の動きが格段によくなり、試合でのパフォーマンスが上がると言います。

それくらい、目と身体は奥深くでつながっているのです! (◎_◎;)

 

 

人生100年時代といわれますが、実は生物学的には、ヒトの本来の目の寿命は40歳ぐらいと言われます。

それは、ホモ・サピエンスが誕生した太古の昔から変わりありません。

全身のほとんどの細胞は常に新しく生まれ変わりますが、目の中の「水晶体」や「角膜内皮」はほぼ再生不可能な細胞なんです (´Д` )

 

平均寿命が40~50代であった近代以前には問題にならなかった、老眼、白内障、緑内障などの悩みが現代の中年期以降に増加するのは、目が本来の寿命を超えている以上、避けられないことなんです 😱

 

  

 

目と違い歯の寿命は予防次第で伸ばすことができます ✨

 

そして、歯の残存本数が多い方が健康で長生きであることが明らかになっています(*^o^*)

 

 

これは、歯と長寿の関係を説明した動画です 🎥

     ☟☟☟

https://www.haru-do.com/shower_tv_program/5296/

 

 

歯の健康を保つ為には、セルフケアはもちろん歯科医院での定期健診が重要です 😄

はる歯科で健診を受け、元気な毎日を過ごしましょう ٩( ‘ω’ )و

 

 


ご予約のお電話は 087-833-6480

高松市西町 13-31 

はる歯科診療室

 

 

この記事をシェアまたはブックマークする

こちらもおすすめ!

スタッフ紹介